大学ホーム>ニュース&イベント>オーストラリア便り 11

第11回 学生からの報告
研修の終わりに

2/21

今日は、乗馬をしにいきました。まず、2つのグループに分かれて、私たちのグループは始めにダンパーブレットというパンを作りました。パンを焼いている間にブーメランを投げたり輪投げのようなものをしたりしました。そのうちにパンが焼き上がり、もう一つのグループが帰ってくると、野生のコアラを見に行きました。
野生のコアラはすごく高いところにいて、木に紛れるように毛の色でカモフラージュしていました。その後に馬に乗ったのですが、私が乗った馬は、列から外れるし、すごく自由な感じで怖かったです。
アフタヌーンティーの時に、最初に作ったパンを食べました。もちもちしておいしかったです。そして、帰る前に牧場の端まで行って何をするのかと思ったら、"Kyorin University"と書かれた板が用意されていて、そこに記念樹を植えました。10年後には大きな木になり、コアラの好きなユーカリの木なので、野生のコアラがここに住んだらいいねぇとみんな言っていました。

外国語学部英語学科4セメスター 鈴木若菜

2/22

今日は、UQに行くのも、HostFamilyと過ごすのも、オーストラリアで出会った友達と会うのも、全て最後の日です。全てが終了した今、3週間がとても早く感じられます。
HostFamilyをはじめ、UQスタッフや、仲間のサポートのおかげで無事に研修を終えることができました。後は日本に帰国するだけです。
今回の研修を通して、貴重な体験をし、たくさんの思い出ができました。とともに、伝えたくても伝わらないもどかしさや、もっと英語ができたら、もっと話ができたのにとも思ってしまいます。
この研修では多くのものを得ることができたとともに、課題がたくさん残りました。もっと勉強しなくちゃいけないと実感しました。

このページのトップへ