大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 3月卒業式を開催 1,080人の門出を祝う

【トピックス】 3月卒業式を開催 1,080人の門出を祝う

 

 

杏林大学の卒業式が3月18日(水)午前11時から、杏の花も咲きはじめた八王子キャンパスの松田記念館で行われ、4学部、大学院の3研究科、付属看護専門学校のそれぞれの課程を修了した1,080人に学位記、卒業証書が授与されました。

この日 卒業式に臨んだのは、医学部89人、保健学部249人、総合政策学部295人、外国語学部300人、医学部付属看護専門学校90人、大学院の医学研究科21人、保健学研究科7人、国際協力研究科29人のあわせて1,080人です。
今年の就職状況は不況の波を受けて例年と比べ厳しい状況にあり、卒業生の中には内定を取り消されてこれから進路を変更する学生もいますが、それでもこの日の卒業式では多くの卒業生が晴れ着で着飾って出席し、会場は華やいだ雰囲気に包まれました。

式ではまず長澤俊彦学長が式辞として、各課程を修了した学生と支えてこられた保護者にお祝いを述べるとともに、これから進む道において「杏林大学で学んだことを誇りとして社会で活躍してほしい」と激励しました。さらに松田博青学園長・理事長は、これから自分自身で考え、判断してゆくためには情報を見極める力とそれを活用する知恵が必要であると強調し、ある時期がきたとき「自分のできる範囲で弱い立場の人たちに援助の手を差し伸べることができる人になってほしい。そういう人物こそが社会が求める人材である」と卒業生にこれから社会人として成長してゆく上での心構えを含めてお祝いの言葉を贈りました。
式のあと卒業生は学部、研究科に分かれて、学位記・卒業証書そして杏林学園での思い出深い学生生活をまとめた卒業アルバムを受け取りました。

 

■学園長・学長賞授与者

医学部

新井 健介

 

鎌田 塁

 

原 明弘

保健学部

良峰 由香

 

本間 瑛子

 

太田 真理子

総合政策学部

門田 典子

 

河内山 悦子

 

百瀬 みお

外国語学部

小口 夕紀子

 

大水 利之

 

耿 梅晶

医学部付属看護専門学校

荒川 智美

 

遠藤 ゆかり

 

島津 優子



 

    

2009.3.19

このページのトップへ