大学ホーム>ニュース&イベント>羽村市教育関係者一行が学長訪問

羽村市教育関係者一行が学長訪問

 羽村市の教育長など生涯学習・教育関係者の一行が三鷹キャンパスにおいて本学長澤俊彦学長を表敬訪問されました。羽村市と本学は平成19年10月から毎年1〜2回の講演会と連続講座の実施で協力関係にあり、今回はそのご挨拶にと角野征雄大教育委員会教育長、遠藤和俊 同教育部長、田中繁生 生涯学習センター長、それに生涯学習センター「ゆとろぎ」を運営する市民の会事務局の村山利夫事務局長、山本 豊氏の5名の方々が長澤学長を訪問され、本学からは長澤俊彦学長のほか堀和生学園事務局長、古本泰之地域交流委員長、樋田孝史大学事務部長、吹野俊郎広報・企画調査室長、岡滋三大学事務部副部長が訪問を受け、会議室で1時間あまりにわたり意見交換をしました。このなかでは、これまで協力して行なってきた連続講座や講演会の講師やテーマなど、あるいは他の地域交流活動についても話題となり、特に本学が八王子で実施している小学校での学生による英語指導活動などについては羽村市でも実施してほしいといった要望も出され、本学と羽村市の連携を一層強化し、拡充していく方向で交流を深めていくことになりました。

2009.10.14

このページのトップへ