大学ホーム>ニュース&イベント> G’day mate! 授業が始まりました

G’day mate! 授業が始まりました

授業が行われている校舎

外観と校舎内

 

 

2月22日、23日

G’day mate!オーストラリアの朝の挨拶です。(グ・ダイ マイト)と発音されます。
月曜日はオリエンテーション、クラス分け試験、ホームステイについての諸注意、学校の案内などが昼食を挟んで午後2時過ぎまで行われていました。
さすがに、学生たちは英語のシャワーを浴びすぎて、くたくたになっていたようです。

その後、希望者を募り、ブリスベンの中心地まで大学から船に乗って行きました。
これからの生活に必要な所を巡りながら、ステイ先に帰るためのバス停や、City Hallなどのランドマーク、タクシー乗り場などの場所を確認して、それぞれバスに乗って帰宅しました。

よっぽど疲れていたのでしょうか、多くの学生は午後10時頃にはベッドの中にいたとのことです。

そして、火曜日から本格的に授業が始まりました。
学生たちは校舎にやってきて、昨日の試験に基づいたクラスが発表になり、それぞれのクラスに向かっていきました。教室に向かっていく学生の顔は不安で一杯でしたが、授業が終了した頃には、数人の友人ができており、学生の順応性の早さに驚きました。
英語を上達させるにはとにかく多くの友人を作り、たくさん英語で話をすることに尽きると思います。
授業は毎日午前9時から2回の休憩を挟んで午後4時まで(金曜日は午後1時15分まで)行われています。



このページのトップへ