1. 杏林大学トップ
  2. 復興を願い、マックミラン客員教授のアートワークが街を彩る

復興を願い、マックミラン客員教授のアートワークが街を彩る

外国語学部のピータ A マックミラン客員教授(専門は文学、詩、美学、翻訳)が東北地域の復興と子供たちへの支援の一環として創作した作品「日・月・富士」が、昨年12月28日から今月27日までソニービルの壁面を彩りました。
作品は新聞、雑誌、ウェブなど広くメディアでも取り上げられ話題となりました。

マックミラン客員教授は近年、芸術活動にも精力的に取り組んでおり、昨年フランス・パリ市のUNESCO本部で開催した展示会イベントは記憶に新しいところです。
このときは、東日本大震災の被災地に対して世界中から寄せられた募金や善意への感謝の意を表すとともに、日本文化を浮世絵を通して伝えることを目的としていました。
今回は、東日本大震災の復興途上にある日本に元気になってほしいという願いもこめられた作品でした。

様々な作品をとおして、日本を慈しみ、寄り添う気持ちを表現するマックミラン客員教授ですが、活動の幅は広く、2008年に小倉百人一首を英訳出版し、日米で翻訳賞を受賞するなど翻訳家としても活躍しています。
近く伊勢物語の英訳が完成し、ハードバックがコロンビア大学出版から、来年にはペーパーバックがペンギンブックスから出版される予定です。

University
大学
杏林大学 客員教授
東京大学大学院 農学生命科学研究科 非常勤講師
早稲田大学 国際言語文化研究所 招聘研究員
Background
経歴

アイルランド出身、日本在住歴20年以上。

哲学修士、英文学博士。翻訳家、詩人、版画家。

アイルランド国立大学において英語・哲学を専攻し、首席卒業。アメリカ合衆国のプリンストン大学とコロンビア大学、イギリスのオックスフォード大学にて客員研究員やリサーチ・フェローの経験を有す。現在は優れた日本文化、特に詩歌などのすばらしい文学を世界に紹介することをライフワークとしている。「古典の日」推進全国会議の推薦支援人。

Translations
翻訳

百人一首 One Hundred Poets, One Poem Each

2008年春 コロンビア大学出版局より刊行

2008年度 ドナルド・キーン日本文化センター日本文学特別賞

2008年度 日本翻訳家協会第44回日本翻訳文化特別賞

2009年  日本語版「英詩訳百人一首 香りたつやまとごころ」集英社新書

伊勢物語 The Tales of Ise (英訳伊勢物語)

2013年  Columbia University Press & Penguin Books から出版予定

富士文学百景

文学に詠まれる富士山 英訳・執筆中 2013年3月完成

Poetry

詩集 Admiring Fields  アイルランドの田舎の少年時代

2012年春 イタリアのCampanotto Publishing Company から刊行

Art works
アート

版画  新・富嶽三十六景

天才浮世絵師葛飾北斎へのオマージュとして、理想化された霊山の姿と現代社会の現実を対比

2012年展示会:パリ ユネスコ本部 / ニューヨーク コロンビア大学 /

       イギリス大使館 / 銀座SONYビルアートウォール



2013.1.29

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

社会との連携