1. 杏林大学トップ
  2. 今年度2回目の総合政策学部就活トライアルを実施

今年度2回目の総合政策学部就活トライアルを実施

 総合政策学部は今年度2回目の就活トライアルを11月9日(土)に八王子キャンパスで実施しました。
 就活トライアルは就職活動の解禁をあと20日余り後に控えた総合政策学部の3年生全員を対象に、仮想企業を設定してその採用募集に応募させ集団面接とグループディスカッションを実施して就職活動を模擬体験してもらおうと実施されたものです。

 就活トライアルには揃いのリクルートスーツを着た3年生が参加し、このうち、模擬面接では学生たちは9つの業種別に設定された仮想企業の集団面接に3人1組になって臨み、面接官役をお願いした企業の人事担当者から仮想企業への志望動機や大学での苦労体験やその克服方法などについて突っ込んだ質問を受けました。また、グループディスカッションでは「日本の商品、サービスを海外に売り込むにはどうしたらよいか」といった様々なテーマについて、6〜7人の学生が討論し最後に討論結果を発表しました。

          模擬面接

          模擬面接

     模擬グループディスカッション

     模擬グループディスカッション

 間近に迫った就職活動の絶好の訓練となるとあって、皆本番さながらに真剣な表情で参加していましたが、今年6月に1回目のイベントを体験しているだけにその時に比べると緊張もほぐれて無難に臨めていたようです。このほかビジネスマナーや業界研究の講座も同時に開かれ、学生たちは熱心に聞き入っていました。


 
 一方、9日の午後に就活トライアルのイベントに合わせて3年生の父母向けの就職説明会も開かれ、就職情報会社「マイナビ」の担当者が就活に臨む学生の保護者としての心構えについて詳しく説明した後、大学側からキャリア教育授業や就活支援の現状について説明しました。

  保護者対象に就職説明会

  保護者対象に就職説明会

 このあと今月30日には外国語学部でも同じく3年生を対象にして就職活動を模擬体験する就活シミュレーションが行われます。


                       

キャリアサポートセンター
2013.11.12

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP