1. 杏林大学トップ
  2. 第2回学生塾「コーヒーショップの戦略」を開催しました

第2回学生塾「コーヒーショップの戦略」を開催しました

 7月9日(水)のお昼休みに「コーヒーショップの戦略」というタイトルで総合政策学部加藤拓先生を講師に、今年度第2回目の学生塾を開講しました。学生、教職員含め29名が参加しました。
 今回のテーマは、加藤先生の大手コーヒーチェーン店の店舗開発本部に勤めていた経験を活かした出店戦略についての講義でした。先生からは、外食チェーンでは立地条件がもっとも重要なポイントであり、利便性や競合店との位置関係から出店場所を決定していくという話がありました。八王子駅周辺の地図を用いて、どこに出店すれば集客が見込めるかなどを受講者がグループになって考え、計画する参加型の講義でした。

以下は参加学生の感想です。

総合政策学部 1年 栗林 圭吾 ----------------

先生の話を聞くだけでなく、八王子駅周辺の地図を見ながら、自分ならどのような場所に店を出すかを考えるなど、普段とは一味違った参加型授業は学生塾ならではだと感じました。実際に企業で出店戦略の仕事をしていた加藤先生の講義を聞くことで、実際に企業がどのようなことを考えて利益を出そうとしているのか学べました。学生の身分ではなかなか聞けない貴重な話だったので、とても有意義な時間を過ごしたと感じています。


学生支援課 2014.7.14

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP