1. 杏林大学トップ
  2. 9/1〜8「日中友好大学生訪中団」に参加した外国語学部生の感想

9/1〜8「日中友好大学生訪中団」に参加した外国語学部生の感想

4年 村上大介
 上海留学から2年が経った私は、留学当時の感覚を忘れかけていました。
訪中団には当初軽い気持ちで応募した私ですが、説明会での団長の「ご縁を大切に」という言葉を受け止め、しっかり活動しようと、思いました。
 実際、訪中団への参加は本当に「縁」に満ちたものでした。北京では、昨年から今年にかけて杏林大学で親しくなった留学生の友達と久々の再会を果たすことが出来、また杭州では、杏林大学で知り合った留学生の恩師とお会いする機会がありました。更に、期間中、引率として面倒を見てくださった中国の方が塚本慶一先生の教え子であったことを知り、とても驚きました。もし参加していなかったら、もし訪問先が違う学校であったならと考えると、やはり多くの偶然が重なって生まれた「ご縁の力」はすごいものなのだな、と改めて感じました。
 中国の人は「縁」を大切にします。どこでどのような「縁」があるかわかりませんが、私はこれからも「縁」を大切にしていきたいと思います。

3年 稲垣愛美
 私が訪中団に参加したきっかけは、将来日中関係の仕事に就きたく、中国を直に感じ、異文化理解を深め、より中国を知りたいという思いからでした。また去年上海へ留学しましたが、中国の人達と友達として触れ合う機会があまりなかったため、今回は友達をつくり日中交流したいと思っていました。一方で、中国の人々は日本の事をあまり良く思っていないのではないか?という思いもあったことから、交流会は楽しみな反面、怖さもありました。
 しかし、中国の方々は私たちを暖かく盛大に迎え入れてくれ、不安がっていた自分が恥ずかしくなりました。日中の間に緊張感があるのは民間ではなく政治内であることを強く思いました。私たちにとって中国は今までもこれからも政治面や経済面などで大切にしなければならない存在であり、支え合うべき相手だと思います。現在は日中関係が滞っています。しかし日中関係があまり良くない今だからこそ両国の異文化理解を深めあい、お互いに理解しあうことが大切であると思います。お互いに両国の悪い点だけを考えるのではなく、良い点も考え、それを両国とも認めるべきであります。今回の訪中団に参加し、これらの事をより強く思うようになりました。これからは私たちが社会を支える時代です。今後の日中関係を変えるために私たちは何を理解しなければならないのか、どんな行動を起こしたら良いのかを一人ひとり考えるべきだと思います。そのために私自身が日中の異文化理解を深め、その上で日中両国間の架け橋となれるよう努めていきたいと思います。

3年 平石桐子
 私は今回の日中友好訪問団の九日間の訪中を通じて多くのことを吸収して帰国しました。半年間の留学と同じくらいの刺激を受けたといっても過言ではないほどでした。私たちは、中国の主要都市である北京や上海、次世代の新未来都市となるべく躍進している杭州、中国古代の歴史を肌で感じる事ができる西安などの四大都市を100人の他大学の大学生達と訪問しました。
 各都市の大学の学生と交流し、その土地の文化などを直接知ることが出来ましたが、一方で自分の中国語の能力に落胆し、もっと勉強するべきだと痛感しました。西安外国語大学で日本語学科の大学生と交流した際に、文法が間違っていても単語を出していけばなんとか通じることに改めて気付き、私に足りないものは単語力なのだと思いました。さらに、杭州師範大学の経済学部の大学生との交流では中国語では伝わらない場合は英語で伝えなければならず、英語力も非常に大切であるという現実に打ちのめされました。そして、中国の大学生に共通することは自分の将来の具体的なビジョンがあって大学で勉強をし、自らの力で現実にしていることです。これらのことから多大なる影響を受け、自分もしっかり未来を見据えて準備したいと思いました。

1年 青木真湖
 飛行機がどんどん下がっていく度に、私の心臓の鼓動は高鳴っていきました。「今回初めて、中国に行く。ここは日本ではない」と。不安もありましたが、それ以上にこの国をもっと見てみたいという興奮がありました。
 北京空港に着いた時はあいにくどしゃぶりでしたが、バスに乗り継いで万里の長城についたときは曇りになっていました。万里の長城は階段一段一段が高く、頂上まで登るまでに体力が尽きてしまいました。でも登っている途中に後ろを振り返ってみたときの、霧がかった山々と中華風の建物の景色は日本にはない景色で、とても綺麗でした。
 二日目の中央民族大学の踊りも目が離せず、最後に彼らと一緒にソーラン節を踊れたのは言語の壁を越えて心が一つになれた気がしました。
 西安では、世界遺産、兵馬俑を見に行きました。教科書で見たよりも大迫力で、日の光がさして輝いていました。他も等身大の兵隊や馬を間近で見ることができました。西安外国語大学の学生とは、日本語と英語と中国語を交えながら必死にコミュニケーションをとろうとしましたが、気持ちを上手く伝えられないもどかしさをこの時一番強く感じました。西安培華学院の学生とはメモ帳を使ってお互いに書いて伝えました。コミュニケーションをとりたいという姿勢を示せば相手も理解しようとしてくれることが分かりとても嬉しかったです。

1年 今川忠対勲
 今回、訪中団に参加して私は多くを学び、また多くの楽しい思い出を作ることが出来ました。一番印象に残っていることは西安外国語大学、杭州師範大学における学生との交流です。彼らに会う前、私はどのようなことを話すべきかなかなか考えつきませんでした。しかし実際に会ってみると、普段の大学でサロンにいる留学生に会っているような感覚で気軽に話すことが出来ました。すぐに打ち解けて、連絡先も交換しました。グループディスカッションの話題の内容も恋愛やアルバイトについてなどで興味は日本の学生と共通しているのだと感じました。一方で、師範大学で英語学科の学生と会話した際は、日本語が使えない状態で、自らの英語力や中国語力の貧弱さを実感しました。日本や中国の歴史について質問されて、頭の中に答えや考えが浮かんでも、それを言葉にできず大変もどかしい思いをしました。

1年 大塚拓哉
 はじめに中国大使館を訪問できたのは、本当に光栄なことでした。私は今回で中国を訪れるのは5回目でしたが、現地の学生と交流をしたことはありませんでした。私は兄の影響で中国が好きになりました。中国語が話せず、兄の中国人の友人とコミュニケーションがとれず、とても悔しかったことを覚えています。
 大学で中国語を習い始めて4ヶ月の私は、現地の学生に中国語を聞き取ってもらえずコミュニケーションが取れないこともありました。留学を目指す私にとって改善しなければならないことだと思いました。
 今回印象に残っているのは中国の学生たちとソーラン節を踊ったことです。初めて会った者同士で最終的にソーランを完成させたときは本当に感動し、日本と中国が一つになっていると肌で感じました。
 今回中国訪問をして、これからの日本と中国の未来が明るくなるように私たちが努力をしないといけないことがよくわかりました。

1年 夏城天依
 北京では万里の長城と中央民族大学が心に残っています。万里の長城では中国の歴史の偉大さを痛感した。中央民族大学では踊りを通しての日中交流が出来ました。
西安では大学の学生と交流しました。私は中国語を学んでいますが、交流した際に発音を褒められたり、日本文化を褒められたりして嬉しかったです。
  杭州は環境や景色、食べ物がとても自分に合っていると感じました。西湖の見学、杭州師範大学との交流、そして食事会や河坊街の散策などリラックスして中国を知ることができました。
最後に上海へバスで向かいました。大陸の渋滞の大変さを思い知ることになりました。夜には日本では見られない壮大な夜景に感動しました。そして地下鉄やタクシーに乗るという体験などもできました。
 今回の経験は一生の思い出になりました。これからの私の人生に強い影響を与えると思います。この機会を与えてくれた先生方に感謝します。

1年 桑原美咲季
 今回の中国研修は私にとってとてもよい刺激になりました。中国を訪れるのは、初めてではありませんが今回のように中国のさまざまな姿を見て考えるのは初めてでした。今中国と日本の関係はけして良いとはいえません。しかし世の中で報道されていることが今の中国のすべての姿なのかと私は感じていました。今回自分の目で見た中国は報道のように悪いことばかりではありませんでした。
 中国は歴史文化や美しい自然、これから発展が期待される都市などがありました。中国の学生や教授たちはあたたかく私たちを迎えてくれ、また街の人々は私たちが日本人だとわかってもけして忌み嫌うことはせずとても親切に接してくれました。そしてなによりも中国の大学生が日本に興味を持っていることをとても嬉しく感じました。彼らは、アニメや和食、日本の観光地、文化などさまざまな分野に興味を持っていてたくさんのことを聞かれました。私は伝えたいことをうまく中国語に出来ずとても悔しい気持ちを持ちました。もっと日本のことを知ってもらうために今まで以上に中国語の勉強に力を入れようと思いました。

1年 松島朋美
 今回の訪中団に参加して多くの収穫がありました。8月31日の壮行会で程永華大使が「百聞は一見に如かず、実際に中国に行ってみないとわからないことがある」とおっしゃっていた通り、自身で見て、聞いて、触れて、多くの刺激を受けました。特に私の中で大きなものは四都市の4つの大学で現地の学生と交流したことです。中央民族大学では素晴らしい民族舞踊を見ることができ、自分と年の近い学生たちが一生懸命夢に向かって活動している姿に感動しました。他の3つの大学の学生たちとは、実際に意見を交換することで、日本との学生生活の違いや恋愛観の違いなど様々な意見を聞くことができ、お互いに仲を深めることができました。学生生活では、中国の学生は全員寮に入っていると聞いて驚きました、しかも一部屋に6人も!その話をしてくれた学生は大学生活で最も気を遣うことはルームメイトとの関係だといっていました。また、恋愛観の違いでは中国の学生は男性が女性に愛の告白をするときはバラを手渡すと聞いて、とても素敵だと感じました。今回の訪中で私は来年に控えている中国留学を前に大きな経験をしました。また、この訪中を支えてくれた団員全員に感謝しています。


2014.10.17

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP