1. 杏林大学トップ
  2. 2/7(土)「ICTを用いた地域医療ネットワークの近未来」を開催

2/7(土)「ICTを用いた地域医療ネットワークの近未来」を開催

杏林大学は平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択され、「新しい都市型高齢社会における地域と大学の統合知の拠点」をタイトルに「生きがい創出」「健康寿命延伸」「災害に備えるまちづくり」を具体的テーマとして事業を展開しています。

今後の高齢化する都市の健康寿命延伸には、中核病院と地域の病院、診療所とが緊密な連携の下で、各機関が有する医療情報を連携させ迅速かつ過不足のない対応を実施できる体制を構築することが必須と考えます。
また医療機関のみならず、予防医学、薬剤及び介護に関わる多様な情報も統合していくこともより安全で安心できる生活環境を実現していくためには必要と考えます。
昨今、ICT(情報通信技術)の発展は目覚ましく、一方ではマイナンバー制度のような情報の集約化を求める動きもあり、これらを医療連携に用いた例も幾つか見られるようになってきました。
こうした状況を受けて杏林CCRC研究所は今年度、医療情報ネットワーク構築の基盤技術に関する検討するため、通信やネットワーク事業の専門家と毎月の意見交換を進めてきました。
その成果を地域の医療関係者の皆様に還元するため、当該分野の今後の施策、先端技術、先進事例等について専門家のご意見を頂戴する講演会を開催しますのでご案内申し上げます。

なお、入場は無料ですが、ご出席いただける場合は2/2(月)までにメール・FAX・電話にて杏林CCRC研究所に申込みをお願いします。

また、本講演は医療・大学または行政機関等の関係者を主な対象としており、会場定員に限りがあります。申込いただいてもご参加いただけない場合がありますことをご承知おきください。

【申込み先】
杏林CCRC研究所
Tel: 0422-29-9576 FAX: 0422-29-9586
e-mail: ccrcoffice@ks.kyorin-u.ac.jp

2015.1.23

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP