1. 杏林大学トップ
  2. 卒業生の赤尾和美さん 第45回医療功労賞海外部門を受賞

卒業生の赤尾和美さん 第45回医療功労賞海外部門を受賞

地域医療への貢献者を顕彰する目的に設立された医療功労賞(主催:読売新聞、後援:厚生労働省・日本テレビ放送網)の第45回表彰式が3月13日、帝国ホテルで行われ、医学部付属看護専門学校卒業生の赤尾和美さんが同賞海外部門を受賞しました。

赤尾さんは、看護師免許取得後、臨床経験を経て渡米。ハワイ州看護師免許を取得し、ワイキキ保健センターやカンボジアのアンコール小児病院などでHIVの専門看護師として活躍してきました。
赤尾さんは、毎年 看護専門学校で国際看護をテーマに講義を担当しているほか、アジアの恵まれない子どもたちの医療支援を行う団体 フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANの代表を務めています。赤尾さんからメッセージを紹介します。
「この度、読売新聞社が主催する第45回医療功労賞・海外部門を受賞しました。他の受賞者の皆様の経験に比べ、私の活動はとてもちっぽけなことですが、これまで励ましてくださった多くのサポーター無しではとても成し得なかったことだと実感しております。この活動をするにあたり、特に家族には寂しい思いもさせてしまったのではないかと、若いときには思わなかったことをこの受賞を機に感じております。これまでの活動を振り返るとても良いチャンスともなりました。これからも色々なことにチャレンジしていきたいと思っております。」

2017.4.22

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動