1. 杏林大学トップ
  2. 平成29年9月入学式を挙行

平成29年9月入学式を挙行

 

 平成29年9月入学式が9月15日(金)井の頭キャンパスD棟105教室で挙行されました。
 はじめに、大川昌利総合政策学部長・国際協力研究科長が学事報告を行ない、平成29年9月入学者として、大学院医学研究科に3名、国際協力研究科博士前期課程に11名、外国語学部に編入・転入学者3名、それに中国からの留学生14名の計17名を迎えたことを報告しました。
 続いて跡見 裕学長が式辞を述べ、「中国から新たに多くの留学生を迎えました。本学は中国語の教育でも高い評価を受けています。日本の文化や歴史、生活様式を学ぶとともに、中国語サロンなどの場も活用して、杏林の学生にいろいろなことを教えてください。
一方、医学研究科での研究には、きちんとした計画が必要です。成功には運も必要だが、努力しないところには運も来ません。健康に気をつけて頑張ってください」と励ましの言葉を送りました。
 続いて坂本ロビン外国語学部長が祝辞で、「みなさんが今まで自分の国で学んだこととこれから日本で学ぶこと、その二つをあわせれば今までないものを得られるはずです。1+1=3にするつもりで頑張ってください。杏林はアットホームな大学なのでどんどん教員にも声をかけてください」とアドバイスを送りました。
 これらを受け、新入生を代表して外国語学部の朱芊芊さんが、「杏林の歴史を作る新たな一員になれたことをうれしく思います。勉学だけでなく国籍を越えた友人を作り、充実した学生生活をめざします。またこれからは高い専門性と国際感覚を身につけ、客観的な視点から物事の真意をとらえて判断できることが必要だと思います。そのために前進することを誓います」と宣誓しました。
 入学式には秋学期から外国語学部や国際協力研究科で学ぶ、河北大学や北京外国語大学など中国の7大学からの交換留学生や協定校派遣留学生も参加しました。

<center>大川学部長・研究科長</center>

大川学部長・研究科長

<center>跡見学長</center>

跡見学長

<center>坂本学部長</center>

坂本学部長


2017.09.15

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP