1. 杏林大学トップ
  2. 外国語学部観光交流文化学科2回目の就活シミュレーション実施

外国語学部観光交流文化学科2回目の就活シミュレーション実施

 外国語学部の観光交流文化学科は3年生を対象に仮想企業を設定して新卒の採用から内定に至るまでの選考過程を模擬体験する今年度2回目の就活シミュレーションを11月22日(土)に八王子キャンパスで実施しました。
 この就活シミュレーションは学生に企業の採用選考を模擬体験してもらうことでその独特の雰囲気に慣れてもらおうと毎年行われているユニークなイベントで、6月に続いて今年度2回目です。
当日は午前中まず全体説明会が行われた後、グループディスカッションと筆記試験が行われました。このうちグループディスカッションでは6人、7人の小グループに分かれて司会と書記、時間係を決めた後、「消費税増税に賛成か反対か」や「地球環境を守る対策は何か」といったテーマについて、審査員役に招いた外部の企業関係者の前で討論しました。しかし、ディスカッションには制限時間が設けられ、学生たちは単に意見を出し合うだけでなくそれをまとめ上げなければならないだけに皆苦労しながら真剣に取り組んでいました。
 続いて午後からは各教室に分かれてグループ面接が行われ、1組3人ずつが同じく面接官役を務めた企業関係者の質問を受けました。この中で学生たちは自己PRを行った後、「会社を選ぶ選考基準」とか「今週一番気になったニュースは何か」といった質問を面接官から投げかけられ、本番さながらに一様に緊張した面持ちで答えていました。
 最後にゲストの企業審査員が全体講評を行ったあと、一連の模擬選考の合格者を各仮想企業の採用内定者として表彰してシミュレーションは終了しました。
 外国語学部ではこのあと12月20日(土)にも英語・中国語学科が3年生に対して今年度2回目の就活シミュレーションを実施するほか、総合政策学部も12月6日(土)に外国語学部と同じような内容で2回目の就活トライアルを実施することになっています。

         
2014.11.25
キャリアサポートセンター

全体説明会

全体説明会

グループディスカッション

グループディスカッション

グループ面接

グループ面接

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP