大学ホーム>留学・国際交流>クイーンズランド大学5週間授業料免除プログラム

クイーンズランド大学5週間授業料免除プログラム

クイーンズランド大学5週間授業料免除プログラム

外国語学部は実践的な英語力の向上のため、様々なプログラムを提供しております。効率的にコミュニケーションのための英語を学ぶために、「使える・話せる実践的英語習得プログラム」を開発し、今なお一層のプログラムの充実を図っております。また、外国語学部では海外での学びも重要な教育課程の一部であるという認識のもと、学生のニーズに見合った海外研修プログラムを数多く提供しています。

本学では2007年度よりオーストラリアクイーンズランド大学にて3週間の短期集中語学研修プログラムを開始して以来、これまで多くの学生たちが参加してきました。そのクイーンズランド大学は今年度で創立100周年を迎えたことを記念し、100の教育機関に対して、5週間の授業料免除の奨学金を提供することになり、本学の学生1名に対しても奨学金の枠をいただきました。

この度、希望者に対して厳正なる英語での面接試験を行った結果、外国語学部英語学科2年生の千葉菜穂子さん(秋田県立大曲高等学校 卒)に、授業料免除プログラムが与えられることになりました。選考理由は、千葉さんの英語運用能力もさることながら、自らの将来に対して明確なビジョンを持っており、2月からの5週間のオーストラリアでの学びが有益なものになると判断したためです。
また、プログラムが授与された千葉さんは次のように語っています。
 
 今回、このようなプログラムに参加させて頂けることをとても光栄に思っています。日常的に英語を使う環境で生活することで、自分の英語能力を高める良い機会であり、世界各国から集まる留学生たちと共に学ぶということで、様々な人々と出会い、異文化を学ぶことができるのでとても楽しみです。しかし、現在の私の英語能力ではまだまだ思うようなコミュニケーションをとることや、そのような環境で生活するには不十分ですので、オーストラリアに行くまでの約3カ月間に、さらに英語能力を向上できるよう努力します。また日本文化について等々、杏林大学での勉強にもより力を入れて頑張りたいと思います。このような素晴らしい機会を与えて下さったクイーンズランド大学と、杏林大学の先生方、そして家族に感謝して、自分の将来へつながる有意義な経験をしてきたいと思います。

写真右から赤井孝雄外国語学部長、中央 英語学科2年千葉菜穂子さん、左 坂本ロビン英語学科教授


                                        (文責 倉林秀男 英語学科准教授)

このページのトップへ