大学ホーム>留学・国際交流>平成22年度八王子地域23大学等留学生日本語弁論大会

平成22年度八王子地域23大学等留学生日本語弁論大会

外国語学部 王維娜

八王子地域23大学等留学生日本語弁論大会で準優勝という結果は本当に思っても見ないことでした。また大会を終えるまで外国語学部の玉村先生や友達が応援して下さったこと、心より感謝しています。
特に玉村先生には、言葉遣いやアクセント、ジェスチャー、スピーチのテクニックまで親切に教えて下さいました。また、先生の授業で発表し他の学生から貴重な意見をもらう事が出来、これがきっかけで多くの友達が出来ました。
先生から様々な事を学びましたが、私にとって一番感心したのは先生の考え方です。弁論大会が行われる前日の晩、私は緊張のあまり練習が捗りませんでした。そんな時、先生からメールが届きました。そこには「スピーチで一番大切なのはそのプロセスを楽しむことです。つまり、結果がどうなるかを気にせず、自分の考えや気持ちを多くの聴衆に聞いてもらうことが第一の目的と考えて下さい。とにかくスピーチを楽しむことです。」と書いてありました。
大会で私は一番目の発表だったのですが、先生の話を思い返すと緊張が飛んでいき、最後まで落ち着いて発表する事が出来ました。先生に心から感謝しています。そして、今回の大会で他の選手の素晴らしい発表を見て大変勉強になりました。これからも引き続き日本語の勉強を頑張っていきたいと思っています。

このページのトップへ