大学ホーム>留学・国際交流>留学生の校外研修について

留学生の校外研修について

 短期留学生のお台場方面校外研修報告

 6月24日午後、恒例の校外研修が行われ、お台場の船の科学館、フジテレビを見学しました。今期の参加は交換留学生、派遣生あわせ17名、引率として井上俊治教授も同行され、バスの中もにぎやかに中国語と日本語がとびかっていました。
 現地は海からの大変強い風が吹いていましたが梅雨時にもかかわらず晴天に恵まれ、レインボー・ブリッジも湾岸のの巨大クレーンもくっきりと見えていました。 
 テレビ局では人気のアニメキャラクターや、テレビ番組関連展示を熱心に「取材研究(?)」していたようです。
 以下、上海からの交換留学生、呉月順さんの感想文を掲載します。

記:外国語学部 准教授 荒川みどり


お台場の魅力を満喫

外国語学部交換留学生 呉月順(上海外国語大学)

 陽光ひらめく青い空と輝く海が魅力的なお台場、日本初の南極観測船、宗谷を背景に写真を撮るみんなの勢いに強い風も負けそうなほどです。
 さあ、船の科学館へ入ってみましょう。うわー! 目の前で船が生き生きと生きている。「船のあゆみ」から「船を動かす」まで船の歴史をたどりながら船を作る人を思い、感謝の気持ちを伝えました。海は船の母親、「海の安全」、「海を開く」、「日本の海」を楽しみながら海洋国としての日本が世界の中で果たしている役割を改めて認識することができました。
 さて、いよいよ待ちに待ったフジテレビ見学です。25階のテレビ局のシンボル「はちたま」に登ったらキャラクター犬のかわいい「ラフくん」を発見!また、東京タワーとレインボーブリッジを眼下に見下ろせる絶景にとても感動しました。ブリッジが好きでたまらない学生はアニメ「ワンピース」のルフィのポスターの前で写真を撮るのに無我夢中。そこに先生も加わって、かわいいポーズを次々に披露しました。
 番組グッズとセットがいっぱいの「きっかけストリート」も大人気でした。「へえ! テレビの番組ってこうやって作られてるんだ」「視聴者に満足してもらうために一生懸命働く皆さんに感謝しなくちゃ」と思いました。
 見学はほんの数時間でしたがみんなといい思い出を作ることができました。

このページのトップへ