1. 杏林大学トップ
  2. マンチェスター大学留学体験記

マンチェスター大学留学体験記

2012年度の留学体験記を紹介いたします。

外国語学部 英語学科 本岡 英恵

生まれて初めての海外で生活できるのか。ホストファミリーはどんな人なのか。友達はできるのか…。3ヶ月前溢れるほどの不安を背負い成田空港からマンチェスターに向けて発った私が、先日、貴重な経験と自信を手に入れて帰国しました。
現地に着いてからは見るもの全てが新しく、非日常的な生活の中で発見と学習を繰り返しながら、めまぐるしく毎日を過ごしていました。英語を話せなければ生活ができない局面におかれ、勉強面では今までにないほどの楽しさや欲が芽生え、はかどり、そのおかげで生活も充実させることができた気がします。
ULCでの授業は、英語を学びたいのにその説明は全て英語で、初めは情報を聞き逃さないようにとついていくのに必死で、家庭学習に於いてもその日の課題を終えるだけで精一杯でした。しかし日を追うごとに慣れ、自分の考えや意見を言い積極的に参加できるようになりました。日本では当たり前のように発表しているのに、現地では失敗を恐れてなかなかできず、初めて発言した時の喜びと興奮は今もはっきりと覚えているくらい大きなものでした。また、様々な国籍の人に囲まれて授業を受けるというのは、これまでに味わったことのない雰囲気で、初めはただただ感動していました。それが日を追うごとに文化の違いなどでもどかしいと感じることがたびたび出てきて、一言で楽しかったと言えるものではありませんでした。特に日本についての間違ったイメージを言われた時には衝撃を受け、必死に否定したことを覚えています。自分が生まれ育った地としての日本しか見ていなかったのが、留学を通して外国から日本を見つめ直し、世界の中での一国として考えるようになった気がします。そのことで他国と比べ日本の良い所をたくさん見つけ、日本人としての誇りを手に入れることもできました。
 学期の変わり目の10日間の休みには、イギリスの南部を回る一人旅に出ました。もちろん日本とは全く違う雰囲気で、また行く先々で景色や空気の色が違い、それらを自分の五感で感じられることがすごく嬉しく、全てが輝いて見えました。また、旅先で出会った世界各国からの観光客や現地の人々、ホステルで出会った人々との会話を通し、自分に自信が持てるようになった気がします。旅行前は、自分が日本人だということに勝手にコンプレックスを抱いていて、普通に振る舞っているようで常に周りの目を気にして無理をしている自分がいました。しかし今回の旅行を通して、世界の人々は他国の人をそれほど気にしていないということに気が付き、また、特に日本は多くの国の人に愛されていると感じました。旅行の初日と最終日では、自分ではっきりとわかるほどの気持ちの変化があり、なんとなく世界が明るくなった気がしました。
 英語を身に着けることは自分の可能性を広げることに繋がると思います。世界各国の友達を持ち様々な価値観に触れることができたのは、英語を専攻していたからであり、留学という夢のような生活を実現させるとこができたからであります。杏林大学への進学を決めてから留学を意識し、入学後にアルバイトを始めました。稼いだお金は一銭も使わずに留学費として貯めていましたがどうしても足りず、そこで助けとなったのが杏林大学の留学奨学金と熊谷奨学金です。この二つの奨学金を頂けることにあたり、心地よいプレッシャーの中で3ヵ月間やりきることができました。本当に感謝しております。
最後に、親身になって応援してくれた先生方をはじめUTSさん、家族や仲間たちに深く感謝しております。やっとスタート地点に立ちました。この感謝の気持ちと今回の留学から得たものを常に心に留め、今後も勤勉に励み、将来的には今掲げている夢を叶えることができたらいいなと思います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP