1. 杏林大学トップ
  2. ニュージーランドプログラム留学体験記

ニュージーランドプログラム留学体験記

ニュージーランド クライストチャーチポリテクニック工科大学へ留学した学生の留学体験記を紹介致します。


外国語学部 英語学科3年 遠藤 洋介

I stayed in Christchurch, New Zealand to study English for five and a half months. I really enjoyed the life there. I couldn’t get used to staying there at first because I was worried about classes at CPIT, where I studied English and homestay. My host parents were very kind and funny but they spoke very quickly so I couldn’t almost understand what they said. I couldn’t say what I want to say then. In my classes at CPIT I was surprised my classmates talked a lot but I talked a little. It was very difficult for me to say my opinions.
I wanted to improve my English so I decided to study grammar on addition. There were a lot of grammars in my students’ book. I read all the sentences and wrote them down in my notebook. After that, I was got better at making sentences in my mind than before. My speaking was also getting better. It took about three months to finish studing grammar.
 I made a lot of lovely friends in Christchurch. I really enjoyed talking with my friends. We talked about our country, food, traveling, shopping and lots of other topics. These were my pleasure. Also it was a very good practice to speak in English while enjoying talking with them.
 My first term finished in December and I had a holiday for three weeks. Then I traveled in the south island for a week with my friends. In one place there were very beautiful historical buildings. In another, there were really beautiful lakes. When I saw the lakes, it was sunny day and there were no clouds. So they were really bright blue colour. We booked some backpackers like accommodation on the Internet in advance. We hired a car too and my friends drove the car when we traveled. I can’t drive the car so I showed them the way to the destinations with maps. We went to 4 famous places in New Zealand. I experienced paragliding. Before I flew, I went to a high hill by shuttle bus. My instructor explained to me how to fly and important points. I ran and jumped from the hill and I flew into the sky. It was really fun. I controlled the way in short time. There were two handles like trains’ slings above. If I wanted to turn right, I would pull right handle strongly. Every night we made our meals by ourselves. This was a great experience for me.
 We couldn’t enter the red zone in Christchurch because of the earthquake. There were some buildings which were broken in places. I hope that the city will get better and fix all the buildings. My host family’s house was also fixed since February because there were some damages in the house. I would like to study English more and visit there again someday! I appreciate everyone who supported me during my study abroad.

外国語学部 英語学科3年 国分 雪菜

私は三ヶ月間ニュージーランドへ行ってきました。初めての海外、初めて三ヵ月間家族と離れて暮らす、最初はとても不安でニュージーランドについてすぐ、ホームシックになったことを覚えています。英語を話す環境に慣れていないため、初めのうちは何を話せばいいのか分からず、ただただ笑顔でうなずくことが精一杯でした。ホームステイのマザーはとても陽気な方で、おしゃべりが好きらしく、家族のことや彼女の人生、体験談などたくさん教えてくれました。そして、週末はサクランボ狩りやピクニックや週一回あるマーケットに連れて行ってもらったり、マザーのお友達と小旅行に同行させてもらい、ニュージーランドの楽しさを教えてもらいました。毎日のようにお話をしてくれたおかげでだんだん理解できるようになり、リスニング力がついた気がしました。コミュニケーションは本当に大切だと実感しました。
学校では、たくさんの他の国の友達ができ、毎日学ぶことがたくさんありました。共通語の英語を使い、お互いの国や文化を話したり、一緒に宿題をしたり、旅行に行ったりと学校内だけでなくプライベートでもかかわることができ、本当に充実した日々でした。授業は、基本グループ活動になり先生との距離が近く、わからないことは分かるまで説明してくれて日本にいたころよりも理解できる授業でした。週に一回授業内で自習があり、図書館で自分の苦手な部分や伸ばしたい部分を勉強できました。図書館は週末も空いているのでいつでも利用でき、家で勉強に集中できないときは通っていました。
ニュージーランドは他の国と比べて治安が良く、のんびりしてるので落ち着いて勉強できます。私が住んでいたクライストチャーチは小さな町なので町の中心部はデパートやレストラン、ファーストフード店など建物がたくさんありますが、中心部から少し離れるとお店は何もなくなり、ヒツジや牛やアルパカなど動物が見れて自然豊かな場所になります。海外に行くのが初めてで不安な方にニュージーランドをおすすめします。交通手段はバスになり、最初のうちだけ学校の行き方やバスの乗り方、降り方に不安はありましたが、一週間もすればすぐ慣れます。もし道に迷ったり、違うバスに乗ってしまったとしても小さな町なので遠くに行くことはありません。観光地もたくさんあります。テカポという場所は星空がとてもきれいで、今世界遺産に登録しようとしているらしいです。残念ながら曇っていて見ることができない人が多く、見れたら本当にラッキーらしいです。私も見られませんでした。でも、星空以外にも魅力的な大自然があり感動します。三ヵ月間あっというまでたりないくらいでした。今回留学して本当に良かったです。帰ってきた今、もっと英語を勉強したいと思っています。サポートしてくれた皆さんありがとうございました。

外国語学部 英語学科3年 本多 沙織

9月中旬から12月中旬までの約3ヶ月間、ニュージーランドのクライストチャーチに行きました。私は高校2年の時に海外に行き、ホームステイをしながら現地の学校で授業を受けた経験があります。しかしその研修では、消極的な性格のためか現地の人となかなかコミュニケーションをとることができず、帰国まで残り数日、というところで「これでは駄目だ」と気付き現地の人と話した、という後悔ばかりが残る研修でした。そのため今回留学に行こうと決めたきっかけは、以前行った研修のような後悔が残る留学ではなく、良い思い出と結果を持って帰ることができるような留学に行きたい、そしてもっと英語を好きになりたい、という理由からです。
 いざニュージーランドに行ってみると前回と同じく、最初は学校でも家でも何を言っているのかを聞き取ることで精いっぱいでした。何を言われているのか大体わかるけれど、どう答えようかと私が考えているうちに周りの人は既に次の話題に移ってしまっていたり、クラスメイトに自分の意見を尋ねられても文法を気にしてしまい言えず、もどかしいと思うことが何度もありました。しかしここで挫けては前回の研修の二の舞だと思い、失敗を恐れずに自分からクラスメイトに話しかけてみました。また、ホームステイ先に帰ってからはホストファミリーに今日こんなことがあったよ、と話してみました。すると最初のころのような自分の意見を言えない、という問題が少なくなり、クラスメイトやホストファミリーと以前より話すことができるようにました。
クラスにはアジア系の留学生が半分以上おり、1クラス大体15人くらいで年齢は様々でした。そのためニュージーランドだけでなく、色々な国の人と接することができました。学校帰りに韓国料理や日本料理を食べに行き、休日は友達と映画を見に行ったりショッピングをしたり、ニュージーランド旅行にも行きました。ニュージーランドは自然がたくさんあり、日本では全く味わうことができない経験をすることができました。
また、ホストマザーは突然歌を歌いだしたりするような明るく元気な人で、一緒に夕飯やお菓子作りをしたり、いつも私のことを気にかけてくれました。双子のホストシスターは私とあまり歳が離れていないせいか、一緒に食事やショッピングモールに行ってくれたり、休日の過ごし方やクライストチャーチのことを話してくれたり、気さくな女の子たちでした。また、ホストシスター達は学校で日本語を習っており、ホストファーザーは空港に勤務しているからかとても日本に興味を持ってくれ、日本の車や文化、日本語について、そして地震について話すことがたくさんありました。
 私はこの3ヶ月で英語はもちろん、他国の人や文化にたくさん触れることができました。また、留学に行く前は消極的でしたが以前より積極的になり、内面から変わることができたと思います。これを機会に人前でも堂々と自分の意見を言えるように更に努力していきたいです。自分が想像していた以上にたくさんの経験、そして思い出、友達がこの留学ででき、とても充実した3ヶ月を過ごすことができました。これからもニュージーランドで得たものを糧に、英語やその他様々なことに力を入れていきたいと思います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP