1. 杏林大学トップ
  2. チチェスターカレッジ留学体験記

チチェスターカレッジ留学体験記

2012年度にチチェスターカレッジへ留学した学生の留学体験記を紹介致します。

外国語学部 英語学科3年 根上 千鶴

 私は9月から12月までの約4ヶ月間イギリスのチチェスターカレッジに留学をしました。今まで一度も海外に出たことが無く、私にとっては未知の世界でした。留学に行くか否かを決める際に、不安はもちろんありましたが私は今のままでは何も変わることができない、違う環境でもっと勉強し、成長したいという気持ちが非常に強く、また世界から自分の国を見てみたい意欲もあったため行く決断をしました。
 実際ヒースロー空港に着いてみたら周りは外国人、看板や広告も全て英語で私はパニックになりました。ホストファミリーと会った時も伝えたいことが伝えられず、困らせた記憶が今でも鮮明に残っています。そこで自分が本当に海外にいるのだと実感しました。
 学校には様々な国籍の生徒がいて特にスペイン人と日本人が多かった気がします。最初の一か月は先生の指示すら理解できずに自分の英語力の乏しさを実感しました。時には周りの生徒からグループワークを避けられたこともあり、悔しくて泣いたことも何回もありました。大学の中だけで満足していた自分が小さすぎて、もっともっと頑張らなくては日本に帰れない、そう思いました。それ以降は毎日必死に勉強し、ホストファミリーとも積極的に話すようにしました。私のホストマザーは私の拙い英語も真剣に聞いてくれて、私が理解できるまで何度も話してくれました。間違えることは何も恥ずかしいことではなく、次に繋げることが大切なことをこの時にやっと気付きました。クラスが上がった時には初めて自分の努力が認められた気がして非常に嬉しかったのを覚えています。とにかく学校の先生のバックアップが素晴らしく、どんな些細なことも真剣に答えてくれて勉強が楽しく感じました。
 イギリスには多くの観光名所があり、様々なキャラクターの発祥の地でもあります。私が住んでいたチチェスターは特に目立った物はありませんでしたが、イギリスの伝統的な建造物が沢山あり、探検するのが楽しかったです。学校の中でボーリング大会を開いてくれたり、沢山の友達ができたことで旅行に行くのも楽しさが増していきました。大切なのは同じ大学の人に依存しないことです。留学に行くことに対してあまり乗り気ではなかった私がもっといたいと思うなんて想像もつきませんでした。今の自分に満足してなかったり、もっと成長したいと思う方は絶対に行った方がいいと思います。つらいことは沢山ありますがその分楽しいことも沢山あります。何より毎日が発見に満ち溢れていて飽きることがありません。
 最後に、私がこうして無事に留学を終えられたのは家族や大学の先生方、UTSの方々のおかげです。本当にありがとうございました。この大きな経験を生かして日本でももっと英語力を伸ばして将来に繋げたいと思います。

外国語学部 英語学科3年 及川 裕大

Time to go “ Nothing ventured nothing gained ”
I went to England to study English, because I thought it would be a better way to do so. When I left Narita Airport, I had a lot of expectations and anxieties about college, living in England and using English. However, when I arrived at Heathrow Airport my anxieties had cleaned up, I was just looking forward to one of the greatest experiences in my life. When I arrived at my host family’s house, I felt secure about my life in Chichester since they looked very kind. Fortunately they were a really nice host family because, from my point of view, they are one of the best host family in the world, in addition to living near the college. Thanks to their help I could get a favorable start in Chichester.
I was able to spend a wonderful time at college because of my friends. I made a lot of friends who came from Spain, France, Hong Kong, China, Taiwan, Kuwait etc.
They are absolutely marvelous. Thanks to them, I had a lot of opportunities to speak in English and to learn their culture, especially, each country’s food is awesome. In addition, I like drinking with them because we could talk more comfortably then, indeed, we could establish a more reliable relationship. In class , we helped each other whereby we studied hard by competing with each other.
During the long holidays, I went around all over the U.K. with just my backpack and my friends. There were also good experiences for me, because I could see many cities , talk with local people , and I could feel the English sense of values . During the trip , I was tired because of all the travelling . Coach was my only means of transportation, though, it is one of my lovely memories of the U.K. .
I really enjoyed English Life as many of my friends were very optimistic. Consequently I also did well there, so I must keep studying so that I won’t lose my English skills. I can be optimistic about my life than before I came here. I’d like to try lots of things in Japan which I did in the U.K.
Finally I would like to say thank you to all of the people who were concerned about study abroad in Chichester, my host family, friends, teachers and especially my parents. If they hadn’t have invested, I couldn’t have gone abroad. I’ll never forget this experience. I’ll never forget my friends who I met there. I’ll never forget my lovely English family.

Keep smile
Thank you.

外国語学部 英語学科3年 川野邊絵理

「1年生の時にオックスフォード研修3週間に参加し、今回はチチェスターカレッジに約6ヶ月留学しました。期間が長いので多少の不安はありましたが、無事にプログラムを終了することができました。最初の頃は、外国人の友達とお互いの英語が理解できずに苦労しました。3ヶ月過ぎた頃から、相手の英語を聞き取れるようになり、自分の意見を伝えることができるようになりました。日本で英語を話すと、文法や発音が間違っているのではないかと思い英会話をしたくないと思っていましたが、イギリスの学校内では外国人の友達たちも間違っているので自分の英会話を気にせずに話すことができました。
娯楽としては、チチェスターカレッジがボーリング大会やクリスマスパーティを開き参加しました。また、学校の日帰りツアーを利用し、旅行に行きました。土日の週末は、自分たちで旅行プランを決めてバスや電車を予約してロンドンやイギリス国内を旅行しました。学校にも日本と同じジム施設や部活があるので留学生も在学生と一緒に所属できるのでいつでも運動ができます。
ホストファミリーは、とても親切な方々でした。」

外国語学部 英語学科3年 木村祐美

 9月から2月の約5か月間イギリスのチチェスターに留学してきました。初めての留学でまた、初めての海外でしたので、行くまでは不安しかありませんでした。しかし、この5か月間自分なりに充実した日々を送ることができたので、満足して帰ってくることができました。ホストファミリーはとてもいい人たちでした。やさしくて、おもしろい家族だったので、毎日一緒に夜ご飯を食べるのがほんとに好きでした。毎週土曜日の朝には、マザーがいつも友達としているランニングに連れて行ってもらっていました。みんなとてもいい人たちで、話しかけてくれたり、私のつたない英語を一生懸命聞いてくれました。またベルギー人の子が同じ家に住んでいたので、夜暇なときは話したりして家での時間を楽しく過ごせました。
 学校は適度にまじめだったので、リラックスして勉強することができました。午前は、レベル別に分けられたクラスで教科書を使って文法や単語、発音などを学びました。しかし、やっぱり授業はスピーキングが中心だったので、話す機会がたくさんありました。午後は自分で好きな授業を選べました。最後のタームにBritish Culture という授業を取りました。イギリスの文化について学ぶ授業で、授業としてみんなで街に出ておカフェに行ったりもしました。そのことを帰って家族に話すと盛り上がり、話しのネタにもなりました。先生はみないい人たちで不安でしかなかった頃、私の話を聞いて励ましてくれました。また、勉強のことで相談すると、個人的に手助けをしてくれたりもしました。なので、勉強にいい感じで身を入れることができました。
 土日やホリデー中はそれなりに出かけました。Liverpool, Oxford, Bathなどに行きました。行く先々で親切な方に出会ったり、日本とは違う雰囲気を感じたりとほんとにいい経験になりました。また、この期間のプログラムだと、クリスマスもイギリスに入れるので、家族がそういう風に過ごすのかも実際に見ることができたので興味深かったです。
 途中、日本にほんとに帰りたくなったりもしましたが、クラスメートやホストファミリーのおかげで頑張ることができました。また、ほんとに留学に行ってよかったなと思っています。これから、この貴重な経験を活かしていきたいと思います。

外国語学部 英語学科3年 佐藤日向子

I wanted to study abroad because I wanted to change. Unfortunately, I was afraid of speaking English when I first came to England. I was really worried about it before I met my host family, but they explained things by writing notes for me.
I think my choice to come to England was good because I met a lot of other students with different nationalities and made friends with Spanish, Korean, Chinese, Kuwaiti, Iraqi, Thai students. We were able to talk about our own countries. I had to give a presentation about Japan and listened to my friends’ presentations, so I enjoyed it. I was glad to experience an English Christmas. I moved to another host family for the Christmas holiday because I could not stay in my host family’s house. I remember the Christmas dinner, going to mass and chatting. Although I only met them 1 day before Christmas, they welcomed me and gave me kindness. They were very nice people. I also sometimes met people who like Japan, so I talked about Japan and I enjoyed that.
Coming here was a culture shock and I sometimes had problems .For example, when I lost my way and misunderstood people and so on. But I have friends who listened to my questions, and opinions. Also, teachers sometimes gave me words of encouragement and host family listened to my problems and gave me advices.
Finally, I would really like to thank my family for giving me the opportunity to come to England.

外国語学部 英語学科3年 山崎 莉奈

私が留学に興味を持ったのは高校生の時でした。高校生のとき、私はアメリカの高校生との交流会に参加しました。その時は何となく英語に興味があったので参加しましたが、そこで文化の違いや、様々な日本との違いに驚きました。それから、もっと色々な国の人と英語を通して話してみたい、もっと英語を上達させたい、と思うようになりました。
イギリスに来てからはすべてが新鮮で時間が経つのがとても早かったです。最初は、フィンランド、ポーランド、スペイン人の人達と友達になりました。色々な国の文化の違いや考え方の違いを知ることはとても楽しかったです。クラスも想像していた以上に色んな国からの留学生がいて、毎回笑ったり、驚いたりで毎日楽しく授業を受けていました。先生はもちろん英語しか伝わらないため、ちょっと質問や相談をしたいだけなのに、最初はうまく伝わらず苦労することもありました。でも、うまく伝わった時や、すんなりと理解できた時はそれ以上に嬉しかったです。私は英語が上手くないので、放課後に、無料で受けられるクラスへ通いました。私の通っていた放課後のクラスには、カレッジの生徒以外に仕事の為にイギリスへ来た外国人が多く、普段の授業とは違った授業が受けることができました。また、親しくなった先生がティーパーティーやクリスマスパーティーに招待してくれ、とても充実した時間を過ごすことができました。
後半から私は音楽が好きなので、カレッジ内にある主に現地の生徒が通うミュージックブロックに行くようになりました。そこからまた友人の輪が広がりました。そこで、イギリス人とも仲良くなり、盲目の日本人留学生にも出会いました。彼は、盲目ということを忘れてしまうくらい積極的になんでも挑戦し、また、交流の幅も広く、私はすごく感銘をうけました。私も、もっと色んなことに挑戦していこうと思いました。それから、私はそこで出会ったイギリス人、フランス人、オランダ人、日本人とよく行動を共にしました。休日や放課後に集まり、出かけたり、DVDを見たり、色んな国の料理を作ったり、とても楽しい時間を過ごすことができました。留学を通し、色々な国の人に出会え、世界がもっと身近に感じるようになりました。今は、また友人に会える時までにもっと英語を上達させ、この経験を今後に生かしていきたいです。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP