1. 杏林大学トップ
  2. 中国語圏交換留学・セメスター留学体験記

中国語圏交換留学・セメスター留学体験記

2012年度に中国語圏に留学した学生の留学体験記を紹介いたします。

外国語学部 中国語学科 鈴木綾乃

             
私は2012年9月〜2013年7月まで、上海外国語大学へ1年、交換留学をさせて頂きました。出発前、海外での生活に、楽しみより不安でいっぱいでした。学校生活は、授業は全て中国語。時には英語。クラスメイトは世界各国から来た留学生。年齢は関係なく、学生や社会人、いろんな方々がいます。最初は、授業もあまり理解出来ずに焦りました。また、クラスに馴染むのも大変でした。友達になりたいと思っても言葉が通じない。「あー、なぜ日本で、もっと中国語を学んで来なかったのだろう…」と後悔しました。日常生活では、日本とは異なる習慣や常識に、戸惑うことが多々あり、毎日が驚きの連続でした。ホームシックになり、日本に帰りたいと泣いたこともあります。しかし、約半年が過ぎると留学生活にも慣れ、ある程度の日常会話が理解できるようになると、友達も増えてクラスメイトとも仲良くなり、留学生活が楽しくなってきました。上海外国語大学は、クラス会、遠足、クリスマス会、合唱祭のようなものがあります。クラスメイト、先生と親睦を深めることが出来ます。また、中国語を話す機会にもなります。私は、留学先で出来た友達と、ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったり、旅行へも行きました。本当に楽しかったです。もちろん、まだまだ分からない言葉もありますし、発音も良くないですが、辞書を持ち歩き、一生懸命、会話をしたことは、とてもいい思い出となっております。留学から帰ってきた今、上海にまた行きたい!クラスメイトに会いたい!という気持ちで、いっぱいです。留学を通し、たくさんの人に出会い本当に充実した約1年間を過ごすことが出来ました。このような経験をさせてくださった、両親、そして先生方には本当に感謝しています。私の中国語力はまだまだ未熟です。この留学を無駄にしない為にも、勉強をしっかりして、HSKや中国語検定といった資格の取得をしていきたいです。



外国語学部 中国語学科 大平将也

私は2012年9月5日から2013年6月28日まで、中国北京市にある北京外国語大学への交換留学に参加しました。みなさんは留学と耳にするとどんなことを想像しますか?私が留学に行く前に想像していたことは、同じ年齢の同じ外国語を学ぶ人たちが一緒に教室で授業をする。いくら外国とはいっても、なんだかんだ日本人や日本語の話せる大人たちがいるだろうから大丈夫だろうということでした。しかし、実際に留学に行ってみると自分の想像とは全く違うことの連続で驚きました。クラスメートにはドイツ、イタリア、スペイン、ロシア、フィンランド、ロシア、ルクセンブルク、韓国、カンボジア、メキシコなど様々な国の人々がいましたし、年齢も19歳から31歳までと全くバラバラでした。そしてクラスメートには日本人が1人もいなかったですし、日本語を話せる大人も全くいませんでした。当時の私は恥ずかしながら、あまり勉強していなかったので、この誰にも頼ることができない状況がとても辛かったです。北京に着いたその日の夜に大学の売店で買った、クロワッサンと水を部屋で泣きながら食べて飲んだことは今でも忘れられません(笑)。授業も最初の方は先生の言っていることが全くわからず、とりあえずメモだけしておいて、授業後に先生に質問する日々が続きましたし、それでもわからないところは部屋に戻ってから辞書で調べていました。1か月くらいこのような生活を続けていると授業の内容程度は理解することができるようになり、自分の成長を実感しました。しかし、この後、今度は他の国の人たちとコミュニケーションを取ることの難しさを痛感しました。授業が始まった当初は内容を理解するのが精一杯でコミュニケーションを取るまでの余裕が全くありませんでした。ある程度授業にも慣れてきて、いざクラスメートたちとコミュニケーションを取ろうとすると、相手の言っていることは何となくわかっていたのですが、自分の言いたいことをどのような文法や単語を使って表現すればよいのかわからず、とても苦労しました。そんな私にもクラスメートたちは笑顔で「大丈夫だよ、ゆっくりでいいから話してね。」と言ってくれました。この時初めてもっと勉強して早くみんなと話せるようになりたいと強く思いました。その日を境に授業が終わった後は日本から持ってきた文法書と中検の準4級から2級までの単語帳を必死に勉強するようになりました。中国の大学の授業は8時から12時までで、選択科目のある日だけ午後も授業がありますが、基本的には日本の大学より時間には余裕があるので勉強はとてもはかどりました。コミュニケーションが取れるようになると留学生活の楽しさは一気に倍増しました。クラスメートとご飯を食べに行ったり、旅行に行ったり、時にはお酒を飲みに行ったりととても充実した毎日を過ごしました。
留学生活を通して私が得たことは大きく分けて2つあります。1つはメリハリをつけることの大切さです。私は留学中は極力外国人と過ごすようにしていました。周りには日本人同士でずっと遊んでいる人たちも多くいました。確かに留学中はとても心細くなるので気持ちはわからなくありませんが、それでは留学に来た意味がないと思います。なので、私は平日は外国人と過ごすようにして、目一杯勉強するようにして、休日は日本人と過ごすようにして、目一杯遊びました。もう1つは周りの人々への感謝の気持ちです。日本にいる時はあまり感じなかったのですが、留学中、掃除、洗濯、料理など身の回りのことを全て自分でやってみて母親のありがたさを、毎月生活費を送ってもらって父親の偉大さを感じました。留学当初に不安だった自分を心配してくれたのは杏林の友達でしたし、毎月メールで励ましてくれたのも杏林の先生方でした。いつかお世話になった人たちに恩返しができるようにこれからも頑張っていきたいです。
最後になりますが、留学に興味のあるみなさんはぜひ勇気を出して、挑戦してみてください。私の中国への留学もデモなどの政治的問題、PM2,5などの健康問題などいろいろありましたが、結果として様々な経験をすることができましたし、新たな価値観も生まれ、自らもとても成長できたと思います。一歩踏み出せば、新しい自分に出会えると私は確信しています。


外国語学部 中国語学科 市原 匠

私は今年の2月〜7月までの半年間、北京第二外国語学院で留学生活を送りました。留学前は「なんとかなる、どうにでもできる」など気楽で気ままな気持ちの反面、今までの中国語の勉強で果たして生活が送れるのだろうか、うまくやっていけるのだろうかという不安な気持ちもありました。ですが、ずっと憧れていた留学に行けるということが決定した時、わくわくせずにはいられませんでした。
寮生活が始まると私を待ち構えていたものは、ひどいカルチャーショックと、日本人の感覚からするとお世辞にも衛生的とは言い難い生活でした。外では飲食店やデパートなどがたくさんありましたが、建物の中があまり綺麗ではなくとても居座れるようなところではないと思いました。また道路には信号があまりにも少なく、ほとんどの人が信号を守らないことも驚きでした。飲食店では特に接客が丁寧ではないように感じ取れました。「日本の常識は海外では通じない」とはよく言いますが、正にこのことだと思いました。学生寮内の生活ではルームメイトが外国人だったこともあり、言葉が通じないことだらけで「言葉の壁は思っていたよりも大きいな」と痛感し、またシャワーからは泥水が出たりコンロは火がつかなくなったり、停電や断水が多く不便極まりない毎日でした。留学後1週間は不安に押しつぶされストレスで心が折れかけ、食べ物がのどを通らない状態でした。しかし一方で、決して諦めたくないという強い気持ちもあったので、とにかく今いる環境になるべく早く慣れ、そして少しでも中国語が進歩できるようにするにはどうしたらいいか、自分に出来ることは何なのかを考え、片っ端からチャレンジすることにしたのです。例えば授業は午前8時から始まりお昼には終わるので、午後は日本語学科に所属する中国人学生との交流会に参加したり、部屋では中国のニュースをチェックし、ルームメイトとできるだけ多く会話をするように心がけました。授業の進度は速く、テストが近くなるにつれ内容も濃くなり、紙の辞書では到底追いつきません。家族が日本から電子辞書を送ってくれたのでとても助かりました。(電子辞書は勉強以外でも何かと役立ちます。持って行くことをお勧めします。)最初の1週間は本当に我慢の日々が続きました。しかし1ヵ月が過ぎる頃には、中国での生活にもだいぶ慣れ授業でも段々と内容が聞き取れるようになってきました。次第にクラスにも溶け込めるようになり、友達が増え気がつけば授業中に発言したり、片言でしたが中国語で話したりなどと毎日がとても充実してきました。夜中に友人達と屋台の包子を食べに出掛けたことは、とても楽しい思い出です。
6月に期末試験が終わり帰国まで時間があったので、旅行をすることにしました。これまでは遠くに旅行するなどという勇気や心の余裕が持てず、近場を周るくらいでした。ある時中国人の友達に「半年も留学してどこにも旅行に行かないなんてもったいない!中国にはもっといい所がたくさんあるよ!」と言われてしまったのです。しかしなかなか決心がつきませんでした。なぜなら夏休みになると、観光地ではよく反日デモや暴動が起きると聞いていたからです。中国に渡る前も、昨今の日中関係から私の留学生活を案じてくれる方がたくさんいました。しかし私は中国人全員が日本を、あるいは日本人のことを嫌っているなどということは到底信じられませんでした。悠久の国中国、その文化や歴史に触れたい、いろいろな場所に出掛けてみたいという素朴で純粋な気持ちから、思い切って行こうと決心がつきました。
今回私が訪れた天安門広場や王府井、オリンピック公園や万里の長城などは、どこも同じ中国とは思えないようなまるで別世界のような華やかな街並みや広大な自然が広がっており、観光客で賑わっていました。そこでは日本では味わえないような食べ物や風景を堪能しました。「中国はこんなにも素晴らしいところなんだ!」と改めて感動してしまいました。また今回の旅行で、日本人を咎めるというような行為や光景に遭うことは全くありませんでした。それがあるとすれば、本当にごく一部の人達だけのことだと思います。日本人の中には中国人のことをあまり良く思ってない人たちも大勢いるかと思いますが、それは偏見だと思います。報道で取り上げられ、良くも悪くも私たちを驚かせてくれる中国の姿は、ただただその広大な国の一部に過ぎません。その一部を拡大解釈したり偏見を加えて見ることによって、中国全体の姿・中国人全体の考え方としてしまうのは少し違うのではないでしょうか。私たち日本人がひとりひとり違うように、中国人にもいろいろな人がいるのです。もっともっと1人1人を見て個々のコミュニケーションを大切にしたいと思いました。
私はこの留学を通して本当にいろいろなことを学びました。中国語の勉強はもちろんですが、たくさんの中国人や他の国籍の人達と交流を深めることによって視野がぐっと広がりました。今でも中国で出来た友達とは連絡を取り合っています。また語学力以上に身に付いたもの、それは少し大げさかもしれませんが、『どんな困難の中でも、ポジティブにものを考え工夫や努力をすることで生き抜いていける』という自信です。『生き抜く術』といったものを学んだような気がします。
今回の留学では自分を成長させること、新しい自分を見つけることができ、人生の上でかけがえのない良い経験となりました。最後に、この留学を薦めてくださった先生方、支えてくれた家族に感謝したいと思います。ありがとうございました。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP