1. 杏林大学トップ
  2. 2013年度秋期 北京外国語大学(中国)の留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2013年度秋期 北京外国語大学(中国)の留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2013年度秋期 北京外国語大学(中国)の留学から帰国した学生の体験記を紹介します。
渡航期間:2013.9〜2014.7
——————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科3年 塚田恵梨香

 私は2013年9月から北京外国語大学に1年間留学しました。私が参加したクラスでは、ニュース原稿や作文の書き方、プレゼンテーションの仕方、インタビューの仕方、日常会話など、実践的に学ぶことができました。クラスも少人数制のため、ディスカッションがしやすく、クラスメートと中国語で会話をするなど、発表をする機会も多くありました。 また、質問があった場合、先生にいつでもメールして良いので、とても良い環境で学ぶことができました。
 特に中国語でのプレゼンテーション、インタビュアーになり、地元の方にインタビューするなど、日本では経験したことのないことを経験でき、非常に興味深く、とてもおもしろかったです。授業中は、専門的な単語が出てきたりと大変でした。週2、3回、ランゲージパートナーと勉強する機会があったので、授業で分からなかったことや、日常生活で困ったことなど、助けて頂きました。質のよい授業や環境のお陰で、リーディング力は上がったと思いますし、これからの中国語学習へのより一層のモチベーションの向上のきっかけもつかむこともできました。
 また、勉強だけではなく、日常生活も充実していました。クラスメートに恵まれたこともあり、みんなで誕生会をしたり、また、学校が北京の中心部に近かったので、天安門や万里の長城などに行ったり、とても良い思い出になりました。10月末に4日間のお休みがあったので、西安に旅行に行くこともできました。歳も国籍も異なる多くの人と知り合い、交流することができました。その中で学んだことは貴重な出来事であり、日本とは異なる考えを知ることができ、刺激的な体験できました。
 滞在した寮ではドイツ人のルームメイトと生活をしました。文化・言語が異なるルームメイトとの生活は楽しいながらも、大変なとこが多く、留学でしか味わえない発見があり、とても充実した留学生活を送ることができました。
 1年間の交換留学期間を通じて様々な貴重な体験をし、何事にも積極的に挑戦し、向上心を持つことの大切さを痛感し、中国語も上達することができました。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP