1. 杏林大学トップ
  2. アメリカの留学

アメリカの留学

2014年度 アメリカの留学から帰国した学生の体験記を紹介します。

留学先:カルフォルニア大学 アーバイン校
渡航期間:2014.09〜2015.3
——————————————————————————————————————————————————————————

外国語学部 英語学科3年 飯田捺美


去年の9月29日から3月22日までアメリカのアーバインのUCIに行きました。
アメリカへは何度か旅行に行く機会がありましたが、長期滞在は初めてでした。旅行ではなかなか参加することのできないイベントに、私はこの留学でたくさん参加することができました。
 まず体験したイベントは、Halloweenです。学校の友達と仮装してハロウィンクラブに行ったり、学校では、仮装して授業を受けたりスピーキングクラスではクラスメイトとゲームをしたり、かぼちゃを掘ってジャックオランタンを作りました。そのあと友達の家でパーティーをしました。次にThanks giving dayです。この時ホストファミリーが旅行に行っていたので、ホストファザーの両親が親戚のパーティーに連れて行ってくれました。最初は不安でしたがおばあちゃん、おじいちゃん、親戚の方々が温かく受け入れてくれたので、すぐに馴染むことができました。次はChristmasです。アメリカと日本と違う所は、プレゼントの数が多いのと友人ではなく家族と過ごすとこです。クリスマスパーティーも親戚の家に行き皆で楽しく過ごすことができました。スポーツのビックイベントとしてSuperball Partyがありました。Superballとはアメリカンフットボールのことです。私の友人のホストファミリーに誘われ、ホトファミリーの友人宅でパーティーをしました。皆で観戦をしながら食事、話したことは、スポーツ観戦をあまりしたことがなかった私にとって、とても楽しいものでした。
  このように旅行だけでは1つ2つしかできない体験をこの留学でたくさんできたことは、とても晴らしい思い出、経験になりました。

留学先:カルフォルニア大学 アーバイン校
渡航期間:2014.09〜2015.3
——————————————————————————————————————————————————————————

外国語学部 英語学科 磯崎 由季

 私はアメリカに半年間留学に行き、英語力を上げるだけでなく日本での暮らしでは得られないような沢山の貴重な経験を得ることが出来ました。また私が行ったところはカリフォルニアのアーバインというところなのですが、治安がとても良く生活の不安は感じられませんでした。沢山の経験を得た中で特に印象に残ったことを書いていきたいと思います。

 最初に学校について書きます。授業はreading/Vocabulary、writing/grammar、speaking/listeningの三つの授業から構成されます。特にspeaking/listeningの授業が大変でした。留学当初はヒアリング力が低く、先生の話を聞き取るのが精いっぱいでしたがクラスメイトと英語で会話をしたり、普段の生活で英語を使うことにより徐々に耳が慣れ帰国前には成長したという実感を得ることが出来ました。クラスメイトはサウジアラビア、中国、韓国、タイ、スペイン、クエートなどからの出身の生徒たちがおりバラエティーに富んでいました。会話やプレゼンテーションからそれぞれの日本とは全く違う文化について触れることも出来ました。特にサウジアラビアの服装、結婚等の話はとても印象に残りました。またクラスで出来た他の国出身の友達と放課後に宿題をしたり会話を楽しんだり、また休日にはお家に呼んでもらいその国の料理を食べたりととても楽しい時間を過ごすことが出来ました。ハロウィンでは学校でイベントが開かれ、生徒や教師がコスチュームを着て、カボチャのカービングをしたりと異文化に触れました。

 次に日々の生活について書きます。ホストファミリーはとても忙しい家で夜ご飯をホストマザーの友達のMicheleの家で食べることが何度かあったのですが、そこでMicheleと仲良くなりました。Micheleはとても親切な方で、一緒にビーチやパンプキンパッチや教会などいろいろなところへ連れて行ってもらいました。クリスマスは親戚一同のディナーに招待してもらったり誕生日には誕生日会を開いてもらいました。一緒に行った教会では新しい友達が出来たりと輪を広げることも出来ました。

 もう一つの印象に残ったことは冬休みに同じ杏林からの留学生とニューヨークにいきタイムズスクエアのニューイヤーカウントダウンを楽しんだことです。九時間待ち、凍えそうになったのも忘れるほどimpressiveでした。



留学先:カルフォルニア大学 アーバイン校
渡航期間:2014.09〜2015.3
——————————————————————————————————————————————————————————

外国語学部 英語学科 出水 愛

 私はこのアメリカ留学を通して、たくさんの大事な人に出会えました。最初は不安ばかりでしたが、とても充実した半年間になったと思います。まずホストファミリーがとても親切でフレンドリーに接してくれて、勉強面以外にも多くのことを教えてくれたので私にとって彼らは私の人生の中で大きな存在となりました。また学校は毎日楽しくて、いろんな国籍の友達ができました。みんな個性が豊かで、プライベートでも遊びに行ったりして、いろんな文化に触れることができました。中には私が帰国する時に泣いてくれた友達もいて、国籍や言葉を越えても通じるものがあると感じました。いつか絶対にまたその友達、ホストファミリーに会いに行きたいです。この留学で、今まで知らなかった世界を自分の目で見て吸収し、自分自身の成長にも繋がるようなとても貴重な経験をすることができました。



留学先:カルフォルニア大学 アーバイン校
渡航期間:2014.09〜2015.3
——————————————————————————————————————————————————————————

外国語学部 英語学科 島崎 将貴

 アーバインはとても自然が豊かで、安全であり、とても過ごしやすい場所でした。そんな環境下の元、充実した半年間を過ごすことができました。私は音楽が大好きで、とくに幼い頃からずっとアメリカの音楽が好きでした。なので、どこへ行っても目に映るのは素敵な光景であり、学ぶには最高の場所だと感じました。勉強面に関して、やはり最初は言葉の壁の大きさに直面しました。

 しかし、ホストファミリーや友達と音楽の話題になった際、そこ場で言葉がうまく通じなくとも、お互いが笑顔でいれる事を感じとても幸せに思い、一度は感じた壁も何故だか小さく感じました。私はホストファミリーをチェンジしていることもあり、二軒でのホームステイを経験することができました。二軒とも宗教も違えば生活スタイルや食事も違い、どちらの家庭でもとても貴重な経験ができました。学校では、アメリカ人だけではなく、様々な国籍の学生と交流を持つことができました。学生のほとんどはサウジアラビアからの学生でしたが、他にも中国、韓国、チリ、スペイン、ブラジル、クエートなど、様々です。そのなかで、私はとても宗教や異文化に興味をもつようになり、家に帰ればずっとそのようなことを調べ、勉強を楽しんでいました。そこから改めて自国の良いところをたくさん見出だすことができ、日本という国をとても好きになりました。そしてもっと知りたいと思えるようになりました。

 休日になれば、有名なビーチや観光スポットを何か所も廻ったり、大好きな音楽に関連した場所に行くなど、とても楽しい思い出を作ることができました。最後に、日本にいても自分はあたりまえにわかっていると思っていた、「親や仲間のありがたさ」を改めて実感できました。そのことがとても大きいです。

 自分にとっての一番の収穫は、英語力はもちろん、それよりもそのような大事なことを考えるきっかけになったことや、今まで興味関心がなかったところへの好奇心や知識欲が沸いたことです。吸収したい事が多すぎて、今がとても楽しいです。半年間アメリカに行けたことを心から良かったと感じています。


留学先:カルフォルニア大学 アーバイン校
渡航期間:2014.09〜2015.3
——————————————————————————————————————————————————————————

外国語学部 観光交流文化学科 石井 花苗

 私は、この留学をするまで海外旅行も行ったことがなかったので、とても不安でした。友達もあまりいなく、英語も出来るわけではなかったからです。学校が始まり、授業はとても基本的な事から始まりました。ですが、私はリスニングスキルもあまりなかったので聞き取る事も大変でした。周りの生徒はサウジアラビア人が多く、彼らは英語が話せるので凄く驚きました。また、戸惑いもありました。私も彼らと同じように英語を中学のとき学んできましたが、話すことも聞くこともあまり出来なかったからです。日常生活を送っていく中で、リスニングスキルは上がりましたが、スピーキングスキルはあまり上がりませんでした。なので、ジェスチャーや単語を使ってとりあえず話すことから始めました。そうしたら、友達がたくさん増え必然的に話す機会、聞く機会が増えとても充実しました。クラスの時間割は大きく午前授業と午後授業の二つにわかれています。クラスには日本人が私を含めて2人しかいませんでした。最初は不安でしたが、みんなフレンドリーだったのですぐに馴染むことが出来ました。日本に帰ってきた今でもたまに連絡をとっています。

 私は、ホームステイ先を一度、変えました。前のホームステイ先の家族とは、あまり生活スタイルが合わなかったので、そこまでコミュニケーションが取れませんでした。変えたホームステイ先の家族とはいろいろなことをしました。サンフランシスコまで車で行って結婚式に出席させてくれたり、家族の宗教のお祭りを一緒にやったり、誕生日会をやったりとても充実していました。お母さんとはよく料理を一緒に作り、お父さんとは一緒にテレビを見て話したりしました。これからもこの家族の日本人の娘でいたいです。
 海外に行って一番の収穫は、人脈が広がったことです。日本人の友達も増え、台湾、韓国、中国、サウジアラビア、アメリカ人の友達が出来ました。この留学を通してたくさんの経験をしました。楽しいこと、悲しいこと、辛いこと一生忘れられない経験が出来ました。もしまた、行く機会があったら行きたいです。


2015.07.30

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP