1. 杏林大学トップ
  2. [海外研修]CPIT日本語教育インターンシップ研修(2015/8/22〜9/12実施)

[海外研修]CPIT日本語教育インターンシップ研修(2015/8/22〜9/12実施)

______________________________
Christchurch Polytechnic Institute of Technology (CPIT)
2015/8/22-9/12 外国語学部英語学科 太田 益輝 さん

 私は二回目の参加であったため去年会った学生と再会することができました。日本と比べて大学そのものの仕組みが違うため、学校を辞めてしまった学生もありとても残念でした。再会して何よりもうれしかったことは一年が経つため日本語力が上達し、去年は英語でしか話すことのできなかった学生と日本語で話すことができたことです。みんなの成長を肌で感じることができました。願わくは私自身の英語力も上昇しこちらから英語で話すことができたらどれだけ楽しいことになるだろうかと思いまいた。そこが私の課題となりそうです。

______________________________
Christchurch Polytechnic Institute of Technology (CPIT)
2015/8/22-9/12 外国語学部英語学科 清水 優寛 さん

 3週間という長いようで短い期間の中で行った今回のインターンシップで、僕は様々な経験をして、出発する前の自分と比べると少しは成長できたのではないかと感じています。

 アシスタントで入らせて頂いたクラスにはそれぞれのカラーがあり、そのクラス毎に教え方や接し方を変え、臨機応変に対応してく事に最初は慣れず、先生方の動きを見ているだけで精一杯だったのですが、2週目3週目になるにつれ自分もその動きを真似し、アシスタントをする事ができたと思います。模擬授業でクラスを受け持った際は、至らない点もありましたが先生方からは良かった点や反省点等を細かく聞くことができ、自分のどこが良かったのか、反省するべき点はどこだったのかを詳しく知ることができました。授業後には生徒たちの反応も聞くことができたので、教案を修正する際には生徒目線の意見も取り入れることで、自分が準備した教材をより楽しみながら学んでもらえたと思います。インターン生という事で、生徒でも教師でもないという立場での活動でしたが、その立場を上手く利用し、現地の学生たちにとって接しやすい存在であれたかなと思っています。

 ニュージーランドに行くまでは3週間という期間がとても長いものに感じていましたが、実際あっという間に終わってしまい、インターン生として自分にできる事がまだまだ沢山あったのではないかなと考えてしまいますが、この3週間で得たものは必ず自分の強みになると思っているので、自分の将来に活かしていきたいと考えています。

2015.10.22 国際交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP