1. 杏林大学トップ
  2. 2015年度オックスフォード研修実施中−現地からの報告

2015年度オックスフォード研修実施中−現地からの報告

______________________________
Oxford CIE short program 研修経過報告 1
外国語学部英語学科 渡辺紗由

二週間という息を飲むほど短い期間にも関わらず、私たちはオックスフォードの建物や街の歴史、著名な作家について学びました。
一週間目はオックスフォードの街について学びました。歴史や宗教関連の動きにそって建築の様式が変わったり、人々の考え方が建物などに反映されているなど、興味深い内容ばかりでした。
二週目は主に著名な作家や卒業生について学びました。Lewis Carrolを始めとしたファンタジー作家がオックスフォードで物語を作っていたと考えると、この環境なら、と納得しました。また、卒業生は現英国首相のDavid Cameronなどが卒業しており、改めて大学の教育が高く評価されているのだなと思いました。
これらの授業を受けて私はオックスフォードの魅力に気づかされたのと同時に、日本について無知である事に気づかされました。ですから、日本に帰国した際には自信を持って日本について伝えられるように勉強しようと思います。

______________________________
Oxford CIE short program 研修経過報告 2
外国語学部中国語学科 肖月

 二週間のオックスフォード研修は本当に時間の経つが早いものだと感じました。午前の授業に合わせて、午後には小ツアーがあって、授業で話した建築や芸術が自分の目で確かめるのは非常に印象深かったです。
 一週目はオックスフォードの建築について勉強しました。そのため、St. Mary’s Church TowerとNew College、Christ Churchなどを回りました。オックスフォードの建築はゴシックに深く関わったが、クラシックやノルマン建築などもあります。ツアーの途中で、先生が各建築の特徴と歴史を復讐しながら、だんだん理解してきました。
 特に、オックスフォード大学の学生に連れて、Keble Collegeを訪れました。建築を楽しみながら、オックスフォード大学の学生生活についてたくさん話しができて、海外の大学雰囲気を味わいました。
 二週目は文学、芸術などをテーマとして、世界最初の大学博物館アシュモレアン博物館に見学したことなどがあります。特に本のシーンを町の中で探したツアーが一番面白いと思います。風が強く、少し寒かったが、有名の文学作品が身の回りにあると感じて、親しくなりました。
 建築、芸術、宗教などに関する知識がなんの心配なく、自然に身につけるのは非常にいい経験だと思います。また、重要の思い出として、大切にすると思います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP