1. 杏林大学トップ
  2. 2015年 オーストラリア留学から帰国した学生の体験記を紹介します3

2015年 オーストラリア留学から帰国した学生の体験記を紹介します3

2015年 サンシャインコースト大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します。

渡航期間:2015.9~2016.2
——————————————————————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 横田菜摘

 9月から2月までの5ヶ月間、オーストラリアのサンシャインコースト大学に留学しました。留学、そして海外に行くことともに初めてだったので、留学前は緊張と不安でいっぱいでした。このように留学当初は不安を感じてばかりでしたが、この5ヶ月間のオーストラリア留学は、出会えた人々と環境の手助けのおかげで素晴らしいものになりました。特にホストファミリーの方々に感謝しています。学習面、精神面ともに支えていただき、本当の家族のような暖かさでした。私の足りない英語でも意図を汲み取ってくれ、理解してくれようと話してくれました。その時間が大好きでした。そのため、ホームシックになった記憶はありません。そんなホームステイ生活の中での一番の思い出が、帰国する一週間ほど前に行ったフレーザーアイランドという砂でできた島に連れて行ってもらったことです。
 大学では、多国籍に渡りたくさんの友人ができ、英語で会話ですることも楽しめるました。授業はEAP1、EAP2を各5週間という構成でした。IELTsの過去問題(writing, listening, reading)、その他の文法のための教科書をベースとしたものでした。また毎回授業の冒頭にはペアでの会話活動があり、仲良くなるのにも時間はかかりませんでした。コミュニケーション活動が比較的多いこと、ベースがIELTsの過去問題であったことから、始めは難しさを感じいたこともありましたが、先生方が優しく、協力的だったので不安は軽減されました。また、EAP2の時にあった課題で、街頭に出てインタビューする機会がありました。はじめは緊張しましたが、新鮮でとても楽しかったです。先生はわからないことなど積極的に相談すると、個人的に手助けしてくれたのでありがたかったです。明るいクラスで毎日楽しく過ごせました。
 週末やホリデー中は、友達と過ごすことが多かったです。シドニー、ブリスベンに行きました。主に買い物や動物園に行ったりしました。行った先々で優しい方に出会い、温かい国だなと感じました。日本が恋しくなることもありましたが、それ以上に、恵まれた環境の中で勉強することができたので満足しています。そして何よりこの5ヶ月間を終えて、留学して本当に良かったと感じています。留学に行ったからこそ出会えた大切な友達やホストファミリーに支えてもらったからこそ言えることだと思います。これからもこの期間での体験を生かしていきます。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP