1. 杏林大学トップ
  2. 2016年 リムリック大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2016年 リムリック大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2016年 リムリック大学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2016.4~2016.8
——————————————————————————————————————————————————————————
総合政策学部総合政策学科 鈴木涼介

 アイルランドってどこ?から始まった私の留学 大変だったことに間違いはありませんが、得たものはもっと掛け替えのないものでした。
 4月10日 私は日本を旅立ちました。その時は不安と期待がありましたが、いざアイルランドに着くと待っていたのは絶望しかありませんでした。まず英語をちっとも話せない私はTAXIに乗ることができなかった。大学からの迎えのTAXIを見つけられないまま色々な人に「どうしたんだ?何か手伝うか?」と話しかけられたアイリッシュの優しさを今でも覚えています。ただその優しさも虚しく私には何を言われているのか全くわかりませんでした。やっとの事でTAXIを見つけることができた私はホストファミリーの家に向かうことができ長い移動を無事に終える事が出来ました。心は折れそうになりましたが(笑)
 次の日から学校が始まり、何となく生活を送っていた私を変えてくれたのは私と同じホストファミリーのアブドラでした。彼はサウジアラビア出身で私と歳も近く、2人で様々な場所を休みの日に訪れました。そうしていくうちにだんだんと英語を喋る事ができ始め、2ヶ月もしないうちに流暢に話す事が出来るようになりました。そこからは非常に楽しく、コロンビア・イタリア・スペインなど様々な友人ができ、その仲間達と旅をしたりご飯を食べに行ったり 今思うと本当に言葉にできないくらい最高の仲間に出会えた気がします。
 私は英語を勉強しに行ったはずが、4ヶ月間ずっと遊んでいたような気がします。ただそれも良いのかなと今では思っています。何故なら大学で習う英語と日常使う英語は全く別で、正直言って使わない単語も出てきます。しかしそれが必要ないとは言いません、もちろん大切なことだと思います。ですが英語は喋った方が良いと思います。実際に私はクラスが1番下から始まりましたが、卒業頃には4つもクラスが上がりました。コツと言ったら変ですが、もし留学に行ったら日本語を使わないことをお勧めします!きっとその方が留学が楽しくなるかです。もう1つ、これを読んで留学に興味を持ったら是非チャレンジしてみてください、きっと世界が広がると思います。もし留学に行きたいけれど勇気がでないと思っていても大丈夫です!私は英語が得意なわけでも喋れたわけでも基礎ができていたわけでもありませんから(笑)
是非遊びに(勉強しに)行って見てください!

 We don’t stop playing because we grow old; we grow old because we stop playing.
                                             George Bernard Shaw

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP