1. 杏林大学トップ
  2. ニューカッスル大学研修から帰国した学生の体験記を紹介します

ニューカッスル大学研修から帰国した学生の体験記を紹介します

2016年 ニューカッスル大学研修から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2016.8~2016.9
——————————————————————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 福本将太

 この研修期間中はとても有意義に過ごさせていただきました。
 勉強面では先生がとても優しくゆっくり話してくれて、面白く楽しい授業でした。内容は中学でやるような復習レベルで簡単でした。他のクラスメイトたちともすぐに打ち解け、外国人とは英語でコミュニケーションを取ったりしていて、とても充実した学校生活を送れました。
 生活面では、ファザーの仕事先がニューカッスル大学なので、朝仕事がある日は学校まで一緒に車で行っていました。夕食はファザーが作ってくれたり、たまに外食へ連れていってくれたりしました。休日は色々な場所へ連れて行ってもらいました。一番の思い出の場所はシドニーです。有名なハーバーブリッジやフェリーに乗ってオペラハウスを見たり、シドニータワーへ行って頂上で最高の景色を眺めたりなど、ファザーと休日を過ごしました。
 オーストラリアへ行って、英語で会話ができるか不安でした。しかし、クラスメイトやファザー、店の店員などと話していくうちに少しだけ自信がついた気がしました。ファザーが英語教師だったため、英語の話し方を教えてくれたおかげもあり、自信がつきました。この期間中自分の中でとても大きなものとなり、色々な経験や思い出がたくさんできました。今後もこの経験をどこかで活かせればと思います。



渡航期間:2016.8~2016.9
——————————————————————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 森佳奈子

 私は、この夏、オーストラリアのニューカッスル大学研修に参加しました。大学では、初日に行われたテストを元に、自分に合ったレベルに分かれ、授業を受けました。もちろん授業は全て英語でした。本当に授業についていけるのかという不安はありましたが、先生が分かりやすく教えてくださいました。また、同じクラスには日本、中国、マレーシア、サウジアラビアのクラスメイトがいました。日本以外のクラスメイトは、授業中の発言は積極的で、知っている単語の量も圧倒的に多く、毎日圧倒されました。各国で発音やイントネーションの違いがあり、聞き取ることが難しいこともありましたが、様々な国のクラスメイトと会話をできたこと、お互いの国の言葉を教えあったこと、文化の違いを知れたことは、良い経験になったと思います。

 3週間のホームステイは、とても充実していました。私のホフトファミリーは、ファザー、マザーと、3歳の息子で、初日からとても優しく私を受け入れてくれました。平日は学校が終わると、皆で公園に遊びに行ったり、近所のスーパーに買い物に行ったりしました。休日は、カンガルーを見に行ったり、家の大きい庭でBBQをしたりしまして、3週間で外国の生活を存分に体験することができました。
また、英語の壁にぶち当たることがありましたが、そのたびに、語を話せるようになりたい。という気持ちが強くなりました。最初は、口に合わなかった料理も、帰るときには愛おしく思うほどになり、ファミリーと別れるのは本当にさみしかったです。

 オーストラリアは、水が貴重とされていて、シャワーの時間にはかなり気を遣いました。オーストラリアのビーチはどこに行ってもきれいでした。オーストラリアの人はとても暖かかったです。ラウンド・アバウトは最後まで不思議な感覚でした。雨が降っていても傘をさしている人はそんなにいません。私は、こんなオーストラリアが大好きになりました。またオーストラリアにいきたいし、クラスメイトや、ホストファミリーに会いたいです。

 この3週間で、自分の足りない点を改めて実感することができました。この経験をいかし、これからの学習につなげていきたいです。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP