1. 杏林大学トップ
  2. チチェスターカレッジ留学から帰国した学生の体験記を紹介します

チチェスターカレッジ留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2016年 チチェスターカレッジ留学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2016.9~2017.2
—————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 森 琴美

 私は9月から2月までの約5か月間、イギリスのチチェスターカレッジへ留学しました。カレッジがあるチチェスターという街はとても落ち着いていて、多くのカフェやお店が並びとても雰囲気の良いところです。私にとって今回が初めての海外、留学だったので異文化を学べる楽しみもありましたが、不安もありました。イギリスに到着し、日本語だった環境が突然英語だらけの環境に変化し、日本語が通じないということになって戸惑いもありました。英語圏での生活を通して思ったことは、日本の教科書に載っているような会話はまずなかなかないということです。カフェやレストランで店員さんが聞いてくることは異なるし、電車の切符を買う時、バスがまだ出ているかどうかなど、その場に合った英語を使わないといけないので、留学は実践的に学べるところが良いと改めて実感しました。学校では、フランスやメキシコ、スペイン、中国など、国籍の異なる生徒がいたため、授業を通して仲良くなることが出来ました。お互いに母語が違うため、会話はもちろん英語でした。国が異なっていても英語があればコミュニケーションを取り、友達になれるということはとても素敵なことだなと思いました。
 私はカレッジまで電車での通学でしたが、電車はストライキが多く、バスで通学することもありました。また、直前になって運行がキャンセルになったり頻繁に遅延したりしたので、交通に関しては不便だと感じました。休日にはロンドンやポーツマスなど出かけることもあったため、携帯のアプリを活用して現在地を確認したり、電車がちゃんと運行しているかなどを調べて行きました。行った先はどこも素敵で、日本にはない服のお店や、料理、雑貨、風景など、たくさんの事が初めてでとても楽しくイギリスの文化について学ぶことができました。
留学先では、ホストファミリーを含め、皆優しい人ばかりで、良い経験をさせていただきましたが、楽しいことばかりではありません。留学費用などを考えると決して安くはありませんが、日本では学べないイギリス独自の習慣や、英語、建物などが自分自身の足でその場に行き、実際に目で見たり感じたりすることができ、留学してよかったと心から思いました。また、このような経験をさせてくれたことにとても感謝しています。この留学経験を今後にも活かしていきたいと思います。


渡航期間:2016.9~2017.2
—————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 得能 靖弘

 今回はチチェスターカレッジに5ヶ月留学しました。約半年とのことで少しながら不安も有りましたが無事にプログラムを終了することができました。最初の頃は、やはり不安で日本人とばかり連んでいましたが1ヶ月過ぎた頃から、クラスメイトとも自然に接せれるようになり充実した生活を過ごせました。
授業では、英文法を中心とし、教科書に沿ってリスニング、スピーキングなど様々な英語のスキルを磨いて行きます。生活面では、学校が行事や旅行などのイベントを定期的に準備してくれます。その中でもロンドンの近くにある遊園地に訪れるイベントはとても面白かったです。また週末や放課後は、自分たちで旅行や食事会などを計画し、毎日様々な人と異文化交流することが出来ました。さらに各週放課後にスポーツやギターのレッスンなどを通して現地の人たちと交流することができ、とても充実した日々を過ごすことができました。


渡航期間:2016.9~2017.2
—————————————————————————————————————————
外国語学部観光交流文化学科 石井誠士

 私はこの留学で様々なことを経験しました。一番印象に残っていることは文化の違いでした。きっと日本人から見たイギリス人のイメージは英国紳士などというとても上品なものだと思います、ですが私はイギリス人に上品だなと感じたことはありませんでした。どちらかというととてもフレンドリーな印象が強かったです、なのでイメージがどれだけ当てにならないかを実感しました、ですがこの意見も私の感じたことなので他の人が行けばまた別の感じ方があると思います。
 ホームステイでは家族とクリスマスを過ごしました。私の印象ではイギリスなどのクリスマスの捉え方は、日本のお正月と同じような捉え方であると感じました。海外ではクリスマスには家族が集まりご飯を食べ、クリスマスプレゼントを家族に用意して交換し合う物でした。またお店などはほとんど休みでバスや電車も動きません。
 学校はクラスによってばらつきはありますが、私のクラスメイトはスペイン人、フランス人、韓国人、中国人、ベルギー人、がいて日本語を全く使わずに授業を受けることができました。クラスの雰囲気もとても良く楽しいクラスでした、授業内容は自分のレベルにあった授業が受けられますが少し基本が多いかもしれません。文法はほとんど知っているものばかりですがとても深く学べるのでとてもためになります。またネイティブの使い方と日本で教わった使い方では違うものがあったので驚きました。そう言った経験ができるのも留学ならではだと思います。
 イギリスの料理は多くの人がまずいと言いますが私はあまり気になりませんでした、むしろ私は日本食よりイギリスのご飯の方が好きです、確かに稀に食えたものではないものがコンビニのような場所で売っていたのを覚えています。
ですが全てがまずいというわけではありません。またイギリスでは日本食がとても人気で、どこにいても日本食が食べられると言っても過言ではありません、味や食材は日本人がイメージする日本食ではありませんでした。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP