1. 杏林大学トップ
  2. カリフォルニア大学アーバイン校留学から帰国した学生の体験記を紹介します

カリフォルニア大学アーバイン校留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2017年度 カリフォルニア大学アーバイン校留学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2017.10~2018.3
—————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 奥田 志津加

 2017年10月上旬にアメリカのカリフォルニア大学に留学した。カリフォルニア州のアーバインに半年住み、たくさん体験できた。アメリカで生活し始めた数週間後にアメリカと日本の文化が全く違うことを感じさせられた体験があった。ある日に、新しくできた友達とレストランで美味しい台湾料理を食べに行った。アメリカでは最低なサービスを受けない限りみんなレストランで必ずチップをテーブルに置いていくのが当たり前である。しかし、友達とご飯を食べ終えてお会計のお釣りを待っている時にチップをいくら出すかわからないためすごく悩んで最終的に4ドル置くことに決めた。数秒後、新しい店員さんが私たちにはなしかけて、「すみません、こちらではチップ15%から出すことになっていますので、こちらだと足りないと思います。」のようなことを英語で言われた。その瞬間、私も友達も固まり、何もできずただ小さい声で「わかりました」と言った。みんな日本人だったためチップに関しての知識がなかった。ましてやチップの制度に違和感と疑問を感じているのにも関わらずその場でお金を足すことしかできなかった。この体験からアメリカに半年間暮らせるように文化やアメリカ人が生活で当たり前にやっていることを学んだ。半年間で6人の先生から英語だけではなく文化やマナーなどを教えてくれた。また、ホームステイ先ではうまくいかなかったり、噛み合わなかったりする時もあった。しかし、新しいホームステイ先に変えて、ホストマザーがとても優しくほぼ毎日夜ご飯を食べながら映画を見ていた。ホームステイをしたことで知り合いが増え、他にアメリカで知らないことも学べるのでとても良い体験になった。




渡航期間:2017.10~2018.3
—————————————————————————————————————————
外国語学部英語学科 宮﨑 美慧

 私はアメリカで約6ヶ月間留学をしました。もともと留学をしたいと考えていたため、ワクワクという気持ちもありましたが、不安もありました。日本を旅立つ数日前に、アメリカラスベガス付近で銃乱射事件が発生したからです。初めての英語圏、初めてのホームステイに対して不安を抱えたまま、私は日本を旅立ちました。しかし、アーバインに到着した時、私の心の中の不安は少し和らぎました。アーバインはとても安全な街であり、アメリカ人やメキシコ人、アジア人など、様々な人種が集まる街です。ホストファミリーはアメリカ人の方で、とても優しく、積極的に私と会話を取ろうとしていました。そのため、私の心の中の不安は少しずつ消え、アメリカ留学を楽しめることができました。
 私は旅行が好きなため、留学中の休暇期間を使い、サンフランシスコ、シアトル、ロサンゼルス、サンタバーバラ、サンディエゴ、ヨセミテ国立公園、そしてグランドキャニオン国立公園など、いろいろな場所に行きました。アメリカ国内とはいえ、いろいろな地域にはさまざまは文化があるため、自然を楽しめるだけでなく、私はそれらの文化に触れることができたと思います。
 10週間英語プログラムの授業の質はとても高く、自分の英語力にあったクラスに入るために、オリエンテーションの日にクラス分けテストを受けました。少人数制のクラスであるため、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、そして文法の授業を先生と近い距離で受けることができました。最初のクォーターを経て、私は自分の英語力が伸びたと思いませんでした。しかし、最後のクォーターにアメリカのTOEICテストを受け、苦手だったリーディングパートが40点上がり、テストスコアは今まで受けたTOEICの中でも一番高かった点数を取ることができました。そして、ホストファミリーやレストラン、交通機関などといったところには英語を使って会話をしていたため、英語会話力の伸びも感じるようになりました。
 スピーキングの授業では、毎クォーター約4つのプレゼンテーションをしました。そして、プレゼンテーションに基づいて、私たちはグループに分けられディスカッションをたくさんしました。自分と違う国から来た人たちの意見や考えを聞くことにより、私はわずかですが、彼らの視線で物事を考えるようになったと思います。例えば、私のクラスメートが同性愛についてプレゼンテーションをしました。彼は私たちにこの議論を呼ぶテーマの基本の情報を伝え、私たちの考えを求めました。グループ内にはサウジアラビア、トルコ、中国、台湾、そして日本人がいました。サウジアラビアでは、同性愛は法律で禁じられています。見つけられたら死刑になることがあると、私はそこで初めて知りました。こうした文化の違い、私の知らない他の国のことを、スピーキングの授業で学べることがとてもよかったなと思っています。



杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP