1. 杏林大学トップ
  2. 上海外国語大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します

上海外国語大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2017年度 上海外国語大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2017.9~2018.1
—————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科 藤井 さくら

 私は9月から2018年1月まで上海にある上海外国語大学へ中期留学に行きました。この半年という短い留学生活の中で勉強だけではなく中国の文化や習慣に触れました。実際生活している中でしか知れない日常会話や言葉が多くあったと思います。また、外国人も多かったため中国の文化や習慣に触れるだけではなく、多くの国の文化、習慣に触れることができたと思います。
 留学中は友達も外国人が多いため必然的に中国語を話します。授業でももちろん中国語でした。英語で詳しく説明することほとんどなかったです。(クラスによって違いがあると思います)普段、日本で中国語を聞くとしたらはっきりゆっくり発音された中国語だと思いますが、実際に生活する中で聞く中国語はその真反対で早く聞きづらいことがほとんどです。最初は聞き取れず理解ができなかったのですが、だんだん不思議と慣れていき理解できるようになりました。このように自分のスキルがはっきり上がっていると実感できうれしかったです。
 上海は中国の都市なので空いている時間に市内の観光地へ簡単に出かけることもできました。(外灘、豫園など)少し長い休みの時には国内旅行にも行くことができました。私は青島、黄山、雲南に行くことができました。留学していなかったらこんなに中国を楽しむことができなかったと思います。これも留学する中での楽しみなのではと思います。
 上海外国語大学に留学できてよかったです。外国人が多いためお互いにスキルを高め合えます。立地もよいため生活しやすいです。また機会があるならもう一度留学したいなと思いました。




渡航期間:2017.2~2018.1
—————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科 鈴木 愛海里

 今回の一年留学を通じて、本当に多くの学びや発見がありました。留学を始めるまでは、一年間ではなく半年間だけ留学をする予定でした。しかし、いざ留学が始まってみると、不安や困難が大きかった反面、新鮮な環境で中国語を使って会話をする楽しさや、様々な国の文化と触れ合う面白さに気付くことができました。留学を終えた今、留学期間を延長して良かったと感じています。
 始まって間もない頃の授業は、先生の話す中国語が早くて、少しずつしか聞き取ることができませんでした。そのため、関西から来ていたクラスメイトの日本人と助け合いながら毎日授業に取り組んでいました。しかし、授業が始まって二週間ほど経ったくらいから、自然と先生の話す内容を理解できるようになっていました。自分も気付かないうちに中国語だけの環境に慣れてきていることが分かり、嬉しく感じました。先生によっては、毎回ペアを作って会話練習をする授業形式であったり、ゲームを取り入れて楽しみながら学ぶ形式であったりと、飽きずに中国語を身に着けることができて面白かったです。また、この時のペアの相手は日本人同士にならないよう組むことで、母国語に頼ることなく中国語や英語の応用力を実践できたのも良い機会だったと思います。
 日常生活では、様々な国の友達を作ることができ、お互いの母国語を教え合うなど、文化の違いも感じることができました。メディアや人を通じて知ることよりも、実際に自分で交流して気付くことは非常に新鮮で、これは留学の醍醐味でもあると感じました。特に後半のセメスターでは、クラスメイトに韓国人が多く、さらにルームメイトも韓国人であったため、毎日中国語と韓国語と英語を使って交流をしていました。興味のある三か国語を使う留学生活は、自分にとって非常に良い環境でした。また、中国人の友達もでき、一緒に中国語字幕のある映画を見に行ったり、自宅に招待してくれて大勢で手作りの四川料理を頂いたりもしました。本当に優しい良い人ばかりで素晴らしい経験になったと思います。いま現在、中国人に対して良くないイメージを持っている日本人は多いのですが、実際に現地で交流をし、互いの文化や習慣を肌で感じることで、発見することや気付くことが多いと感じました。
 この一年間の留学で得たことは非常に大きく、やはり語学や国際交流が好きであると再確認することもでき、新鮮で濃い一年でした。ここで学んだことを忘れず、今後様々な機会で生かしていきたいと思います。





渡航期間:2017.2~2018.1
—————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科 石田 悠真

 留学生活が2017年2月に始まりました。当初は終わりが見えなく不安な日々が続いていました。毎日が初めてだらけで友達と一緒にいることが多かったです。さらに、慣れない中国での生活は厳しく一日でも早く日本に帰りたいと思っていました。
 授業が始まり周りはたくさんの外国人、授業はすべて中国語。この環境に本当に慣れるのかと不安な気持ちばかり抱いていました。一ヶ月経過した頃から先生がはなしていることが聞き取れるようになり、中国語の楽しさを改めて感じることができました。そのおかげで毎日の勉強にも身が入るようになり集中力も上がってきました。
 その頃から、外国人との交流も増え毎日中国語をしゃべる習慣がつきました。語学を学ぶ上で絶対必要な要素なのでこれから杏林大学での生活の中でも留学生との交流を大切にしていきたいと考えています。
 最初の半年間の留学生活はとても長く感じました。しかし不安だらけの毎日が次の学期が始まるのがとても待ち遠しくてわくわくの気持ちに変わっていました。長く感じていた分とても毎日が濃くて充実した時間を過ごせました。
 上海での生活は、中国人の友達ができたので、毎週末になるとご飯に連れて行ってくれたり、一緒にサッカー観戦をしたりと中国人との交流の時間が増えました。上海のことが未だ詳しくない私を連れ出してくれ、上海を満喫することができました。
 九月から新学期が始まり、新しいクラスでのスタートでしたが戸惑うことなくはじめから楽しみながら授業を受け、外国人の友達もすぐにできました。授業の内容は前の学期よりもレベルアップしていましたがついて行くことができ、自分の成長を感じました。
 上海外国語大学で開催されたパーティのような場所で日本伝統のソーラン節を披露しました。留学生活の中で何か一つでも思い出にのこることをしたかったので達成できて良かったです。
 先が見えなかった留学最初の日を思い出すと、自分の学力、生活力、コミュニケーション力がついたなと感じています。この一年で学力じゃないところも成長できたことは誇りに思うし自信にもつながりました。この一年が無駄にならないように、これからの日々を大切にしていきたいです。





渡航期間:2017.2~2018.1
—————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科 高坂 勇吾

 2017年2月中旬から翌年1月中旬までおよそ11ヶ月、上海留学を通じ様々な経験をした。最初はわからないことだらけで見るもの聞くもの全てが新鮮で驚きに溢れていた。
 2月17日、私にとって初めて行く海外は中国上海であった。上海に向かう飛行機の中、私は不安や期待などが入り混じった緊張感を感じていた。浦東空港に着くと、上海外国語大学の中国人職員ロリンさんが出迎えてくれた、その人は中国語で何かを言って私たちに背を向けおもむろに歩きだした。だが、私は何を言っているか全くわからず、他の皆もキョトンとした顔をしていた。とりあえずその人についていくとバスが停まっていてロリンさんが「では、杏林大学のみなさん、、、」と流調な日本語で説明しだし、この人日本語喋れるのかよ、、と皆が感じていたことは今でも強く印象に残っている。そして宿舎に着き、ロビーでチェックインの手続きをすることになった。だがロビーのスタッフは中国語で何を言っているかさっぱりわからない。最終的にはロリンさんの力を借りて、香港人のルームメイトと同じ部屋になった。初めてルームメイトと顔を合わせたのは次の日の夜である。ドアを開けると彼はいた。私の顔を見ると彼は「こんにちは」と言った。私は彼が日本語を話せるのだと勘違いして日本語で話しかけたが困った表情をされた。後から聞いた話によるとちょうど一ヶ月前に日本へ旅行に来ていたらしい。彼とは一緒に過ごしていくうちにどんどんと仲良くなっていった。彼の名前はマックス、香港出身で27歳、大学院生である。彼はとても気さくで、面白い人だった。私が授業でわからないことがあるとすぐ教えてくれ、いろいろな所へ連れて行ってくれた。そんなマックスのおかげもあって中国語も次第に上達していった。最初の方は全く成立しなかったマックスとの対話も前学期が終わるころにはほとんど伝わるようになっていて、マックスも君は中国語上手になったねと褒めてくれた。成長を感じると勉強へのやる気も高まっていき、とても良い調子だった。だが、留学とは寂しいものでそこには別れが待っている。前学期いっぱいでマックスは香港に帰ることが決まっていた。あんなに楽しかったマックスとの生活も半年もしないで終わってしまった。だが彼との生活は非常に価値のある時間であって、彼にはとても感謝している。
 そんなこんなで前学期が終わり、後学期が始まった。このとき私はすでに中国という国が大好きになっていた。宿舎から出て街を出ると様々な人がおり、電車の中、大声で話すおじさんやとても気さくな小店のおばさん、ボウリング場のお姉さんなど街に出ると出会いが多くあった。そのため、時間があるときはなるべく外に出るように心がけていた。授業もクラスメートに恵まれ、毎日が充実していた。気が付いたらあっという間に後学期も終わっていて、まだ足りないぐらいであった。私にとってこの留学はもっと居たいと思うくらいに楽しいひと時であり、有意義なモノであった。留学中に出会った人、思い出、経験はすべて宝物である。





渡航期間:2017.2~2018.1
—————————————————————————————————————————
外国語学部中国語学科 佐野 秀征

 私が上海外国語大学に留学をした理由は大きく2つある。1つは、以前私の姉も上海外国語大学に留学をしたことがある大学であり、ぜひ私も同校で留学をしてみたいと思い、上海外国語大学への留学を決めた。2つ目は、私の親戚・知人が上海に住んでいるため、日常、中国語を使って交流をすれば、少しでも中国語が伸びると考えたからである。私は今回、約5年ぶりに上海に訪れた。小さい頃からよく上海に来ていたものの、当時は中国語を一切話すことができず親戚の人たちと全くコミュニケーションを取ることができない自分が悔しく、常にもどかしさでいっぱいであった。日本で1年間、中国語の基礎を学んでから上海に留学に来て、久々に親戚の人たちと会って、やっと中国語を使ってコミュニケーションが取れた時はとても嬉しい気持ちでいっぱいだった。
 上海外国語大学は世界各国から留学生が留学をしに来ている。他国の留学生は、とても積極的な性格であり、積極的に話しかけてくるので、自然と仲良くなることができ、国際的な横のつながりを広げることができる。私もクラスメイトと一緒にご飯を食べに行ったり、出かけたりすることで、今までにない考え方を取り入れることで、自分の視野を広げることができた。さらに海外の人から見る日本と日本人がからみる日本では違いがあり、とてもおもしろく今後の参考になった。ただこの時欧米の学生は英語を使って交流を求めてくるので、その際もっと英語話せたらなと、少し悔しい気持ちがあった。留学が終わりせっかく交流を深めることができたクラスメイトとも最終的には離れ離れになってしまうのが少し寂しかった。だが、帰国した後もお互いに連絡を取り合ったり、お互いの国を訪れたりと、留学が終わったあとでも交流し続けようと言ってもらえたのがとても嬉しかった。
 私はこの留学生活での努力が認められ、後期のセメスターでは留学先大学側から奨学金をいただくことができた。たまにを風邪をひいて、授業に行くのが辛い時もあったか、頑張って毎日学校に通い、皆勤で1年を過ごすことができた。その他にも成績優秀者や勤勉の生徒には学校側から奨学金をもらうことができるので、努力すればその分留学先が大学にも、評価をされるし、自分にとってもプラスになることができる。
 この留学で私はHSK4級と5級に申し込みをし、結果としては両方合格することができ、合格した時は中国能力が伸びたなと感じた。しかしその一方で、両級ともあまり良い結果ではなかったのが、少し悔しく、もっと対策をしていれば良かったと感じた。私の中国語力は完璧ではないし、高くはないが、留学をするしないでは、やはり差は出てくるとだろう。常日常、中国語を使えば必然的に中国語を使うようになるし、会話力、リスニング力も自然と身に付くようになる。
 グローバル社会が進む今日、日本でも外国人観光客が増加をしており、その数は年々記録を更新し続けている。特にここ近年では中華文化圏からの観光客が急増しており、これまで必要とされてきた英語の対応力はもちろん、+αである中国語による対応力も求められる時代に変化しつつある。日本では義務教育として英語を学ぶが、中国語を学ぶ機会が少なく、そのため、まだ英語に比べ中国語を話せる日本人は数少ない。このような時代の中、本校の教育プログラムである「日中英トライリンガル人材教育」により私たちはこのグローバルな時代を生き抜くための知恵と知識を身につけ、今回、この留学を通し、現地のより現実的な環境・文化に触れたことで世界的視野が持てるようになった。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP