1. 杏林大学トップ
  2. チェンマイラチャバット大学校留学から帰国した学生の体験記を紹介します

チェンマイラチャバット大学校留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2017年度 チェンマイラチャバット大学留学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2017.8~2017.12
—————————————————————————————————————————
外国語学部観光交流文化学科 高橋 遥

 お金はないけどどうしても留学したい。そう思って選んだのがタイ留学でした。タイはまだ発展途上国で、日本との違いは想像以上でした。食べ物も見たことないものばかりで、信号も守られないことが多く、道を歩くときは細心の注意が必要です。着いたばかりの頃は、ここで4ヶ月以上暮らしていけるのかととても不安に思いました。しかし慣れてしまうととても暮らしやすく、そんなタイだからこそ気づけたこと、学べたことがたくさんあります。
 その一つが、英語はコミュニケーションのツールであるという事を、改めて実感できたことです。タイでは、もちろんタイ語が話されますが、チェンマイには観光客が多く、商売をする側にとって多くのお金を落としてくれる観光客はとても重要な存在です。その為タイの人達は片言の英語で商品の説明や値段交渉を行なっていました。日本では、発音などを気にして、英語を話すことに抵抗感がありましたが、このような環境で生活することでその抵抗感がなくなり、文法や発音にとらわれず、とにかく英語を発することが自然にできるようになりました。また私は留学中、大学とアパートをただ往復するだけの毎日にならないように、とにかくなんでもやってみようと思いボランティアに参加していました。子供達と遊んだり、現地の高校で日本語を教えたりなど、英語の上達だけにとらわれず、多くのことに取り組んだことで、たくさんの人と出会い、より充実した留学生活となりました。
 この4ヶ月間は、留学に来ているのだから、自分で積極的に行動したり、意見を伝えたりしなければという強い意識がありました。そのおかげで学べたことや掴めたチャンスがたくさんあります。この貪欲さや行動力を、留学中だけで終わらせるのではなく、日本でも持ち続けたいです。





渡航期間:2017.8~2017.12
—————————————————————————————————————————
総合政策学部総合政策学科 村上暁基

 僕は8月から12月の約4か月間、タイの有名な観光都市である北部の街、チェンマイにあるラジャバット大学で中長期留学をしました。この地を選んだ理由は以前バックパッカー旅行で訪れた際に、豊富な観光資源やおしゃれな雰囲気、人のやさしさに魅力を感じ、実際に生活してみたいと思ったからです。また、タイの公用語はタイ語で、英語が全く話せない自分でも何とかなりそうというフワッとした気持ちもありました。当時の僕の英語力はとても低く、留学の奨学金も語学の成績が足りず申請資格すらない程でした。
 そんな僕の留学生活は最初から困難の連続でした。オリエンテーションのスピーチでは、カンペをガン見しているにもかかわらず噛みまくる。先生の言うことが理解できず宿題が何かも分からない、VISAに関する大事な事項の説明も聞き取れない。この様に、様々な面で支障が出始めると同時に自信もどんどん失い、人と話すことすら怖くなり、鬱になりかけました。
 そんな中、ある授業でグループワークがありました。僕は中国人留学生のグループに入れてもらい、彼らから授業内容を簡単な英語で教えてもらいました。そしてだんだん仲も深まってきました。その時、「もっと語学力を鍛えて、皆とコミュニケーションがとりたい」と強く感じ、本気で勉強しました。すると驚くくらい最初のころに比べたら英語のコミュニケーションができるようになり、楽しくなってきました。それからは週末に友達とチェンマイの色々な場所を観光したり、ご飯を食べに行ったりなど、プライベートが充実し始めてきてテンションが上がりました。やはり語学を勉強する際はモチベーションが大事だと思い、留学はとても良い機会だと思います。
 留学中はタイ語も同時に勉強しました。タイ語は自分にとって未知の言語で心配でしたが、タイの美人な女性とコミュニケーションをとりたかったので、それをモチベーションに頑張れたし、結果的に自己紹介や意思表示レベルの力が身に付きました。
 最後に、今回の留学を通して語学は勿論、人の大切さも学びました。留学生活を有意義に過ごせたのは大学の先生や職員、たくさんの海外の友人や日本人留学生など、多くの素敵な方々に出会えたからだと思います。今回の経験はこの場限りではなく、僕の人生において一生の財産になりました。友達が海外にいることで旅行に行くきっかけも沢山できたし、ある程度英語のコミュニケーションができるようになったのは自分の自信になり、良い意味でタイ留学のクオリティに裏切られました。
 チェンマイでの大変だったことや楽しい思い出は一生色あせないモノだと思います。僕はこの留学を機に、これからも異文化に関心を持ち続けたいと思います。そして、そこで培った知識を使ってこれからも人との繋がりを大切にしたいです。今回の留学は自分を人間としても大きく成長させてくれました。留学で僕に関わってくれた人すべてに感謝しています。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP