1. 杏林大学トップ
  2. Cebu Blue Ocean Academy留学から帰国した学生の体験記を紹介します

Cebu Blue Ocean Academy留学から帰国した学生の体験記を紹介します

2017年度 Cebu Blue Ocean Academy留学から帰国した学生の体験記を紹介します。


渡航期間:2017.9~2017.12
—————————————————————————————————————————
総合政策学部総合政策学科 安倍 明日香

 私は2017年9月末から12月末にかけての約90日間、フィリピンのセブ、マクタン島に留学しました。結論から言ってこの90日間は私の20年間の人生において最も濃く、意味のある90日間になりました。
 私はCEBU BLUE OCEAN ACADEMYという語学学校へ通いました。留学初日は期待と不安で緊張していましたが、空港まで学校の現地人スタッフの方が迎えに来てくれ、安心して宿舎へ向かうことができました。CEBU BLUE OCEAN ACADEMYの生徒は学校と同じ敷地内にあるホテルに宿泊することができます。また敷地内は24時間体制でガードマンが待機しています。ホテルというと聞こえがいいですが、実際は日本の評判の悪いビジネスホテルといった感じです。シャワーのお湯はめったに出ませんし、部屋には小さなアリがたくさんいました。エアコンとトイレがあることが救いです。ですが耐えられないほど汚いというわけではありません。リゾートホテルではありませんがフィリピンにしてはきれいな宿舎で、日本人でも満足できるきれいさでした。
 授業は、マンツーマンの授業が5コマ、グループクラスが2コマです。マンツーマンの授業では先生と二人っきりなので嫌でも英語を話すしかありませんし、先生と会話をしていくうちに自然と英語を覚えることができます。また、周りを気にせず気軽に質問できるうえに自分のペースで英語を学ぶことができます。先生の英語は驚くほどクリアな発音で、発音記号についても詳しく教わることができました。
 フィリピンは日本とは全く違います。ザ・発展途上国といった感じです。道路は整備されておらず一度雨が降ると道が川へと変わります。格差の大きな国です。ですが現地の人々はいつも笑顔で楽しそうで、おせっかいなほど親切でした。暇なおじさんが笛を吹いて交通整備をしていたり、タクシーを探していると見知らぬ人がタクシーを捕まえてくれます。もちろん見返りを求めてくるわけではありません。私は、英語はもちろんですがこの留学を通して日本がいかに恵まれているかやそれが当たり前ではないこと、そんな環境の中でも屈せず、明るく、人に親切にできる人がたくさんいることを学びました。
 また、この留学を通してかけがえのない友達を作ることができました。年齢は様々です。私が仲良くなった人たちの中では、私は一番年下で25~27歳の人が多かったのですが年齢関係なくとても仲良くなることができました。初めて親以外の大人の人と長く生活を共にし、大人の考えを学ぶことも出来ました。言葉の壁があっても、英語を通して一生懸命に意思疎通し合い、仲の良い9人で祝日を使って観光に行くことも出来ました。友達は留学で得た一番の宝物です。
 留学は準備も含めてとても楽な物ではありません。金銭面はもちろんですし、私は留学エージェントとも一戦交えたので本当に大変でした。留学中は平日朝8時から17時まで授業、その後24時まで自習して寝る日々でした。ですがその分、休日が楽しみで楽しみで仕方ありませんでしたし、あんなに休日を目前にワクワクしたのは初めてです。
 留学をうまくやり遂げるコツはオンとオフの切り替えをうまくすることです。
 大変なことはとても多かったですがそれを含めても人生で最もいい経験だったと断言できます。このような機会を与えてくださった両親と学校に感謝します。ありがとうございました。





渡航期間:2017.9~2017.12
—————————————————————————————————————————
総合政策学部総合政策学科 高橋 羽子

 私はフィリピンに留学しました。最初に空港に着き学校の方にピックアップしていただきました。その後車で学校に向かいました。ドキドキ不安になりながら街を見ていました。フィリピンが発展途上国なのは知っていましたが、こんなに日本と町が異なるとは想像していませんでした。一番衝撃を受けたのは汚さです。学校の食堂には必ずハエがいます。街も日本のように綺麗ではなく、家も地震が来たらすぐに倒れてしまいそうな家で、お金持ちと貧乏の格差が凄かったです。個人的に少し嫌だったことはトイレットペーパーを流せないことと、お風呂のお湯が出ない。そしてたまに水も出なくなることです。
 授業はマンツーマン5時間、グループ2時間ありました。私は中学、高校でもろくに勉強せず、高校もファッションデザインコースというコースに進み英語を勉強してこなかったので、すごく苦手意識が強くとても不安で緊張していました。しかし先生はみんなとても優しく基礎から丁寧に教えてくれました。毎日7コマと大学よりもハードなのと慣れない環境でもあったのでとても疲れました。また教科によっては宿題もでるので学校後も自習室の行くなどととても大変な日々でした。しかしその分週末は買い物に行くなどとても充溢した日々を過ごせました。
 ルームメイトは途中から中国人の人が入ってきたので部屋の中では英語を使うので勉強になりました。また韓国人の友達も出来ました。その友達とも英語で話すのでそれもまた勉強になりました。
 この三ヶ月を通して最初の頃よりは英語力が伸びたと思います。また日本と異なった環境や文化がとても新鮮でいい経験になりました。留学してよかったと深く思います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP