外国人留学生が三鷹市総合防災訓練に参加

 2018年10月28日(日)に海外協定校から本学に留学中の外国人留学生19名が三鷹市総合防災訓練に参加しました。
 留学生たちは今年9月に来日した直後に地震を体験したため、彼らの防災に対する意識が高まっており来日した全員が訓練に参加しました。訓練では、消火器の使い方、放水体験訓練、震度6弱体験訓練などのさまざまな体験型訓練への参加と防災知識を得ることができ、防災に対する知識や災害対応力を学ぶことができたようです。
 

国際交流課2018年10月31日