1. 杏林大学トップ
  2. 救急救命クラブ(KELC)東日本学生救急救命技術選手権大会に出場

救急救命クラブ(KELC)東日本学生救急救命技術選手権大会に出場

参加したKELCのメンバーと大会スタッフ

参加したKELCのメンバーと大会スタッフ

第11回東日本学生救急救命技術選手権大会が12月6日(土)、岩手県一関市の国際医療福祉専門学校一関校で開催され、保健学部救急救命学科の学生により構成される救急救命クラブ・KELCで活動する高橋冴圭部長(3年)ら6人が出場しました。

全国救急救命士教育施設協議会(JESA)が主催する本選手権大会は、救急現場を再現するメディカルラリー形式の競技会です。大会では、救急救命に必要な知識・技術、観察・判断力、コミュニケーションスキルなど多彩な要素が評価対象となり、救急救命士を養成するJESA加盟校が参加して毎年開催されています。

今年は13チームが参加して、外傷事故など4つの想定の活動訓練とCPR処置、解剖学、公務員試験、英単語試験に臨みました。本学は、総合入賞は逃しましたが、内因性疾患の部門で第3位入賞を果たしました。
選手達は大会の独特な緊張感の中、日頃の勉学の成果を発揮しました。また、共通の目標を持つ他校の学生と触れあい、貴重な経験をしたことで今後の勉学に活かすとともに、部活動を通じて後輩の指導育成に励みたいと決意を新たにしていました。


2014.12.10
保健学部救急救命学科助教 大野誠

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP