1. 杏林大学トップ
  2. 31回全日本学生ライフセービング選手権大会出場報告

31回全日本学生ライフセービング選手権大会出場報告

杏林大学ライフセービング部は平成28年9月24日、25日に千葉県御宿町の御宿中央海岸で開催された第31回全日本学生ライフセービング選手権大会に出場しました。
この大会は全国の学生のライフセーバー達が海での監視活動におけるレスキュー力を競技として競う大会です。種目はビーチでの競技と海での競技に分かれており、個人種目と団体種目があります。

大会の結果、個人種目では救急救命学科2年の北田尚輝がビーチ競技のビーチフラッグスで3位入賞。救急救命学科3年佐賀野敏樹が同じくビーチフラッグスで4位入賞しました。海の競技のオーシャンウーマン、サーフスキーレースで理学療法学科4年斉藤由里が決勝に進出しました。
団体種目では男子1km×3ビーチランで救急救命学科2年高橋佑介、救急救命学科2年栗田恭輔、救急救命学科3年高田和輝が6位入賞。女子1km×3ビーチランで健康福祉学科3年猿田愛実、救急救命学科2年堀口華代、救急救命学科2年丸郁子が5位入賞しました。

ライフセービング部は、夏の海岸の監視活動に力を入れています。この活動を遂行するために日々練習に取り組み、技術の向上を目指しています。そして今回の大会成績を踏まえ、さらに良い結果が残せるようライフセービング部一同精進していきます。

【全日本学生ライフセービング選手権大会 参加者一覧】
〈救急救命学科〉
 中西健太、高田和輝、佐賀野敏樹、渡邊丈士、知念幸一郎、栗田恭輔、細越寛瑛、田嶋悠介、中村拓哉、北田尚輝、高橋佑介、
 中畑朋己、堀口華代、丸郁子、本橋美智
〈健康福祉学科〉
 猿田愛実、大坪栞奈
〈理学療法学科〉
 斉藤由里、坂井やよい
〈放射線技術学科〉
 板橋未来
〈外国語学部 英語学科〉
 小茂田紗希


2016.10.5

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP