1. 杏林大学トップ
  2. 台湾研修を実施しました

台湾研修を実施しました

2016年8月30日~9月2日、台湾研修を実施しました。12名(2年生10名、3年生2名)の学生が参加し、4日間でさまざまな観光関連企業、観光地を訪れ、日本の観光との比較を行ってきました。

研修では、台湾の旅行会社の旅行商品の情報を観光に関わる企業・機関に発信している「旅奇」、主にアジアからの外国人観光客が多く訪れる「エバーリッチ免税店」、迎賓館として有名なホテル「圓山大飯店」、ドイツの古城をモチーフとしたホテル「君品酒店」などを訪れ、台湾の観光関連産業での取り組みや現状についてお話を伺いました。また、JTB台湾と台湾観光協会では、台湾と日本の歴史や現在の観光分野での交流についてお話を伺い、理解を深めることができました。

3日目には、協定校である国立政治大学で日本語を学ぶ学生さんたちと一緒にグループごとに観光地を巡りました。研修前にグループごとに企画した1dayオプショナルツアーの旅程をもとに、現地の学生さんに台湾のことを教えてもらいながら、台湾の観光地を見学しました。日本人旅行客の視点だけでは気づかない、台湾の魅力について知ることができました。また一緒に1日過ごしたことにより、日本と台湾の学生同士の仲も深まりました。

台湾の観光関連分野で働く方々や外国語を学ぶ学生との出会いは、学生にとって大変刺激となった様子でした。この研修が、今後の日本における観光を考える際の糧となることを願っております。

外国語学部 赤嶺恵理

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP