大学ホーム>総合政策学部>インターンシップ 教員訪問報告

インターンシップ 教員訪問報告

住生活関連ビジネスに興味のあった松本くんは、住建材メーカー大手ABC商会でインターンシップを行っています。

8月12日、赤坂にあるABC商会本社を訪問してきました。総務部人材開発課インターンシップ担当の根本さんより、インターンシップの内容、学生の様子についてご説明いただきました。

17時、営業からもどってきた松本くんと会うことができました。6時起床、1時間以上の満員電車での通勤にも慣れたそうです。
初日にビジネスマナーに関する指導をうけ、その後は毎日、営業に同行。営業先では、お客様にインターンシップ学生として紹介していただいているとのこと。真剣な仕事の現場に立ち合わせていただき、緊張の連続ですが勉強になります、とのこと。

営業のプロと一日中、行動をともにするなかで、仕事のことはもちろん、お給料や趣味、家族のことまで、たくさんの話しを聞くことができ、人生について考えるよい機会になっているようでした。

ちょうど退社時刻でしたので、一緒に帰ろうかと思いましたが、「このあと、職場のみなさんに食事に誘われているんです!」と、うれしそうに、職場にもどっていきました。

毎日、活動記録をつけるほか、最終日には、2週間で学んだことを、模造紙に書き出し社員みなさんの前でプレゼンテーション報告をすることになっているそうです。

総合政策学部 講師 木村有里

このページのトップへ