1. 杏林大学トップ
  2. 論文公開発表会を開催しました(国際医療協力専攻)

論文公開発表会を開催しました(国際医療協力専攻)

 1月15日に、三鷹キャンパスで国際医療協力専攻の学生3人が修士論文を、開発問題専攻の学生1人が博士論文をそれぞれ発表しました。発表者と論文のテーマは下記の通りです。

国際医療協力専攻
 高橋 未央 「死の自己決定権についての一考察
 飯塚 幸男 「脳卒中リハビリテーションの変遷」
 村上 茜  「発展途上国における子宮頸がんスクリーニング方法についての文献レビュー」

開発問題専攻
 Selo Yudibrata 「観光開発が住民の生活環境と健康に及ぼす影響ーインドネシアKampung Dukuh現地調査による考察−」


それぞれの発表の後に活発な質疑応答が行われました。最後に野山修教授より「修士論文や博士論文を書き、発表することは大変なことだったと思いますが、この経験を活かし、それぞれが社会で活躍されることを願っています」という挨拶があり、拍手とともに閉会しました。

発表を終えて

発表を終えて

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP