1. 杏林大学トップ
  2. 第12回東日本学生救命技術選手権大会で救急救命クラブが総合3位

第12回東日本学生救命技術選手権大会で救急救命クラブが総合3位

JESA(全国救急救命士養成施設協議会)が主催する東日本学生救急救命技術選手権大会が12月20日(日) 千葉県銚子市の千葉科学大学で開催され、本校から救急救命クラブ(KELC)で活動する横山部長ら7名の選手が参加しました。
今年は14チームが参加、大会は、外傷事故や内因性疾患など7つの想定に対して、救命に必要な観察力・判断力、処置技能、コミュニケーションスキルについて審査が実施されました。
出場した選手達は、選手権大会の独特な緊張感の中、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、各部門で上位の成績を収め、総合成績で3位と好成績を収めることができました。

 総合成績 3位

・意識障害部門  1位   
・循環不全部門  2位   
・CPA対応部門  2位
・多数傷病者部門 3位

保健学部救急救命クラブ(KELC)

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP