1. 杏林大学トップ
  2. 平成29年4月看護専門学校で防災訓練が行われました。

平成29年4月看護専門学校で防災訓練が行われました。

三鷹消防署のご協力を得て、全学年を対象に防災訓練を行いました。


 火災時の非常放送が流れ、避難指示を受けた学生達は、各学年教室や実習室から教員の誘導で体育館前に全員速やかに避難しました。その後訓練用消火器を用いた消火訓練や、大地震を想定した起震車による震度7の揺れを体験する訓練を行いました。


 
三鷹消防署の方から

 子供のころから訓練をつづける理由は、防災について知識や行動力を身に着け、周りの人を助けることができるような人材を育てるために行われていると説明がありました。そしていざというときに自分の身をまもり、家族や友人を助けられるように今日の訓練をすこしでも身に着けて欲しいと話されました。


看護専門学校では、この防災訓練を活かし、学生をはじめ教職員共々防災意識を高めてまいります。

三鷹消防署の方からの講話

三鷹消防署の方からの講話

1年生 消火器訓練

1年生 消火器訓練

2年生 起震車体験

2年生 起震車体験

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP