1. 杏林大学トップ
  2. 八王子キャンパスでひよどり山中学校生徒が職場体験

八王子キャンパスでひよどり山中学校生徒が職場体験

 平成27年3月3日(火)、4日(水)の2日間、八王子市立ひよどり山中学校の生徒、3年生4名が杏林大学八王子キャンパスへ職場体験にきました。受け入れは地域交流課が主体となって行い、中学校の「総合的な学習の時間」で義務付けられている体験の一環として、生徒が将来のことを考える機会を提供することができました。

 1日目の朝、肌寒い気候のなかやってきた生徒たちは、緊張した面持ちでオリエンテーションを受けた後、最初に、学生支援課の業務として校舎、グラウンド、部室の見回りなどを行いました。その後、キャリアサポートセンターにて求人票データ入力や整理、地域交流課にてラミネーターを使用した事務作業を行い、昼にはホール杏にて学食を体験しました。午後は人文・社会科学図書館で書籍のブックカバー貼り、保健センター業務としてAEDの点検、シーツ交換、滅菌作業、資料整理などを行いました。

 悪天候が心配された2日目は、青空の広がる天気となり、午前中あたたかい日差しのもと、コートヤード空のプランターに花を植える作業を行うことができました。生徒たちは、プランターに残っていた粘り強い根の混ざる土を懸命にほぐし、新しい花を植え、キャンパスに季節の色を添える大事な役目を果たしてくれました。昼食後は、英語・中国語の語学サロンの体験後、総合情報センターの整理、コンピューター室の清掃業務を行いました。多様な仕事を体験し、2日目には大学になじんできた様子で、無事に両日の体験を終えました。

 生徒たちからは、普段目にするところのない場所で色々な仕事をする貴重な体験ができたことや、キャリア、図書館、保健センターなどそれぞれの業務の内容を知ることができて良かったということ、学校は先生や生徒だけでなく事務の方々が協力しているとわかったとの感想を聞くことができました。この体験を生かして、それぞれの未来を考える力として欲しいです。地域交流課では、今後も地域との関わりを継続的に進め、社会に貢献していきます。



2015.3.11
地域交流課


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP