1. 杏林大学トップ
  2. COC+事業「U・Iターン就職(LO活)」セミナー開催

COC+事業「U・Iターン就職(LO活)」セミナー開催

 「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」は、各大学が地方公共団体や企業等と協働して学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することを目的とした事業です。この事業は、平成25年度から「地域のための大学」として、各大学の強みを生かしつつ、大学の機能別分化を推進し、地域再生・活性化の拠点となる大学の形成に取り組んできた「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」を発展させたものです。本学では平成27年度から、「COC+」大学(事業責任大学)である岩手大学がすすめる「ふるさといわて創造プロジェクト」事業に「COC+」参加校として取り組み、活動を展開しております。

 12月21日、キャリアサポートセンター主催による「低学年向け地方就職セミナー」を井の頭キャンパスにおいて開催しました。
 このセミナーには教育・研修プランナーの小川雅則氏を招聘し、地方のインターンシップの説明、種類、手順、就職活動におけるポイントなどを講義していただきました。また、八王子新卒応援ハローワークのジョブサポーターである土方裕久氏に、新卒応援ハローワークの活用方法やWEB検索による応募方法の説明をしていただきました。更にキャリアサポートセンター職員が、「COC+」事業の主体地域である岩手県内の企業等で行う実践型インターンシップの情報提供と参加の勧奨を行いました。学生達には活気ある地方企業の魅力を知る機会として有効に活用してほしいと思います。
 今後も「COC+」参加校として、地方創生に役立つセミナーや就職活動など様々な情報を企画して参りたいと思います。

2016.12.21
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP