1. 杏林大学トップ
  2. 2月13日にニュージーランド大使館訪問ツアーを実施

2月13日にニュージーランド大使館訪問ツアーを実施

 2月13日(金)第3回大使館訪問ツアーが実施され、本学学生12名及び教職員が駐日ニュージーランド大使館を訪問しました。

 同大使館では、フィオナ・ハイコ教育担当官からニュージーランドの概要をはじめ留学先としての同国の魅力、留学生の動向、観光に関するマーケティング調査の分析、2011年のクライストチャーチ地震による被害及びその対応など、ニュージーランドに関する幅広い分野について映像資料等を用いた説明を受けることができました。また、事前に学生から寄せられた多岐にわたる質問の多くに対して丁寧な回答や解説を頂き、同国に関する地域理解や異文化理解を深めることができました。参加学生の中にはニュージーランドで短期留学やホームステイを既に経験したことのある者もいましたが、平和で人間や自然を大切にするニュージーランドの国柄に改めて感銘を受けていました。

 さらに、日本人現地職員としてニュージーランド大使館に勤務されているクミコ・ロイド政策アドバイザーによる業務説明や同氏のキャリアについてお話を伺う機会を頂きました。外国大使館に勤務するためには、単に語学ができるだけでは不十分で、政治・経済・経営・法律の分野に専門知識があり、且つ、国際関係にも深い理解が必要であるため、まずは社会人として多くの経験を積む必要があるとの説明がありました。また、大使館での業務(各メディアからの日々の情報収集・外交官へのレポート・特定テーマに関するリサーチ・外交通商交渉における提案や助言など)を通じて、日本とニュージーランドの橋渡しが叶うことにやり甲斐を感じているとの話もありました。本学学生に対しては、限られた学生としての時間を有効に活用して語学に限ることなく多くのことを学び取り、是非、日本政府の外交官を目指して欲しいとの激励の言葉がありました。

 今回の大使館訪問ツアーでは、事前学習を踏まえたうえで大使館職員からレクチャーを受けたことにより、参加学生のニュージーランドに対する地域理解や異文化理解がより深まり、それによって更なる留学の促進が図られることが期待されます。また、外交及び通商交渉に関わる実務者の業務や経歴に触れることで、グローバルな視野に立ったキャリア形成意識の啓発にも繋がる有意義な大使館訪問ツアーになりました。
本学では、「世界で活躍するスマートでタフな日中英トライリンガル人材の育成」という目標のもと、異文化理解とグローバル的視野(スマートな知性)を育む活動を今後も推進します。

2015.02.19
国際交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP