1. 杏林大学トップ
  2. 日本中国文化交流協会大学生訪中団参加報告

日本中国文化交流協会大学生訪中団参加報告

【外国語学部生2名が日本中国文化交流協会大学生訪中団に参加しました】


 本学、外国語学部中国語学科3年の小林明さんと日比美咲さんが「日本中国文化交流協会大学生訪中団」団員として中国を訪問し大きな成果をあげて帰国しました。
 代表団一行は6月12日から19日まで、大学生96名と引率者4名の構成で、北京・アモイ・上海を訪問し、北京師範大学、人民大学、アモイ大学での学生交流や各地での参観をしました。団長は洋画家の入江観氏です。引率者の一人で、団長通訳の日本中国文化交流協会事務局次長の池田尚広氏は、本学外国語学部卒業、大学院国際協力研究科修了で、文化交流団体として伝統と定評のある当該協会で、中堅として力を発揮しています。
 池田氏からは、6日目にあたる6月17日にアモイからメールと写真が届き、本学学部生の様子を伝えてきました。また、8日間の日程を終えて6月19日に帰国した学部生2名からも報告が届きました。

 学んだ中国語・中国文化を活かして交流団体で活躍している本学OBとその先輩に見守られつつ成長していく在校生の姿に接して感無量です。後に続く後輩の学生諸君の一層の奮起を期待します。

(外国語学部中国語学科教授 塚本尋)




池田尚広氏と参加した学部生の報告はこちら

▲厦門にて書道を披露した小林さんと日比さん

▲厦門にて書道を披露した小林さんと日比さん

▲中国語で発表する様子

▲中国語で発表する様子

2016.7.15

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動