1. 杏林大学トップ
  2. 天津外国語大学の花超先生が本学で講義

天津外国語大学の花超先生が本学で講義

 2016年11月27日~12月3日の期間、協定校である天津外国語大学高級翻訳学院の院長である花超先生をお迎えし、学生の語学力向上と中国理解の促進を目的にご講義いただきました。

 講義では、中国語学科1年生から4年生を対象に「天津外国語大学における留学生への中国語教育について」、「中国語と日本語の発音の比較」、「中国の通訳・翻訳事情」、「通訳者・翻訳者を目指すための外国語学習について」、「天津外国語大学におけるMTIについて」等、さまざまなテーマでお話しいただきました。1年生対象の講義では、学生自身がファシリテーターとなり、先生の講義について中国語での質疑応答を行い、留学を考えている学生からは天津外国語大学での留学生教育の話を聞き、留学をより強く考える機会となった、天津外国語大学を留学先として考えたいとの声も上がりました。また、上級生にとってもリアルな中国事情等を知る機会となり大変貴重な時間となりました。

 講義以外では今後の両校の交流の可能性について国際交流課と意見交換をし、これまでの学生交流を更に拡大できることを確認し合いました。教員との意見交換では、相互の語学教育方法、教員教育等、幅広く情報交換、意見交換を行うことができました。

 短い期間ではありましたが、さまざまな角度からご講義いただき、学生にとって大変刺激となる有意義な時間となりました。


  花超先生が松田理事長を訪問

 花超先生が松田理事長を訪問し、天津外国語大学の修剛学長からの今までの協力に対するお礼の言葉ならびに訪中要請の旨が伝えられました。両校は引き続き交換留学や共同研究などを活発化させるためにお互い努力していくことを確認しました。
本学からは塚本慶一国際交流センター長が同席しました。


国際交流課2016.12.5

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP