1. 杏林大学トップ
  2. 障がい者スポーツ『ボッチャ』の講習会を開催

障がい者スポーツ『ボッチャ』の講習会を開催

 9月27日(土)、28日(日)の2日間を使って障がい者スポーツであるボッチャ普及講習会が行われました。
 ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
 当日は日本ボッチャ協会普及局長 中空清江講師中空喜代子講師を八王子キャンパスにお招きし、競技の歴史を学び、パラリンピックでの映像を鑑賞した後、体育館でボッチャ競技を体験しながら学びました。これから学生が高齢者の方等にボッチャを紹介することが出来るよう、コート作成やルール、使用する機器、審判方法などをみっちりと学び、終日笑顔が絶えない講習会でした。講習会を終了した学生20名余と保健学部芝原准教授、一場講師は、今後も「ボッチャ」を通して地域の方に障がい者スポーツを楽しんでいただけるよう活動していきます。


2014.10.1 
地域交流課

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP