1. 杏林大学トップ
  2. 地域と大学 ふるさといわて創造プロジェクト推進コーディネーター 小野寺純治先生の講義が行われました!

地域と大学 ふるさといわて創造プロジェクト推進コーディネーター 小野寺純治先生の講義が行われました!

テーマ:地域と大学~地方創生への関わりについて~

7月22日(金)4限「地域と大学」の授業では岩手大学の教員を招聘し講演をして頂きました。COC+の取りくみの中で本学と協働し、コーディネーターを担う小野寺純治特任教授の講演では、現在行われている岩手大学の取り組みの一つとして「いわての“大地”と“ひと”と共に」と、地域連携内容や成果事例などについてご教示して頂きました。さらに地方創生のモデルとなっている元気な地域の事例が挙げられ、日本が元気を取り戻すためには地方が元気になることがポイントであり、その地方が元気なるヒントは何か?を学生と一緒に考える場面もありました。その上で地域を活性化して地方を元気にするために大学の責任は重要と話され、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業の取組についてご説明を頂きました。日本は多様な資源が豊富であるが、それらを磨き価値を創出するプレーヤーが現在不足している、膨大な情報を分析して地域の資源と結び付ける力を持つ若者が必要であり、知識だけでなく知恵を磨く事の重要性について言及されました。
・学問とは何か⇒知識を体系化すること。
・知恵を磨くとは何か⇒体系化した知識を実践で役立たせること。
・学生の皆さんに期待すること⇒学問をしっかりと学ぶとともに(世代を超えた)多くの友人をつくり“人間力”を磨いて欲しい。
 この人間力こそが知恵の発揮に繋がり地方創生へ、そして日本の発展へと広がる、その未来の重要な役割を担うのは君たち学生であると温かくそして力強いエールを送り、講義は終了しました。
 現在、COC+の活動の一環として岩手県での企業バスツアー、集中講義の開講、来春にはインターンシップを行うべく企画しております。今後も本学は岩手大学と共に様々な取りくみを進めていく所存です。
                                    2016.7.22

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP