1. 杏林大学トップ
  2. 7月4日 高校と大学の接続を考える 第3回高校と大学をつなぐFD/SD

7月4日 高校と大学の接続を考える 第3回高校と大学をつなぐFD/SD

今回のFD/SDでは、高校でアクティブラーニングを実践していらっしゃる先生に講演をしていただきます。
実際に高校生を教育している先生のお話を伺った後、ディスカッションを通して高校と大学の教育の接続について考えましょう。

日 時: 7月4日(月) 17:30~19:30 予定

場 所: 杏林大学 井の頭キャンパス
    E棟 102講義室(定員60名)

講 師: 米元洋次先生(専修大学附属高等学校教諭 (英語科)
    2010年より協同学習・学び合いを取り入れたアクティブラーニング型授業を展開。
    所属分掌(国際教育/キャリア教育・総合企画)の会議においてファシリテーターとして活動中。

挨 拶: 坂本ロビン学部長 司 会: 北村一真准教授

演 題: アクティブラーニングとは何か
    - 高等学校の教育現場から -

申込方法: メール受付 k-kurihara@ks.kyorin-u.ac.jp

※詳細は添付画像をクリックするとPDFが開きます。


2016.06.06
高大接続推進室

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP