1. 杏林大学トップ
  2. トワイライトセミナー『女性研究者のキャリアについて考えよう!』を開催しました

トワイライトセミナー『女性研究者のキャリアについて考えよう!』を開催しました

 2017年10月17日(火)18:00-19:00に、トワイライトセミナー「女性研究者のキャリアについて考えよう!〜弘前大学柿崎先生をお招きして〜」を、三鷹キャンパスにて開催しました。

トワイライトセミナーは、女性研究者の研究力向上や女性研究者の交流を目的として、就業終了後の時間を活用して開催しており、今回で6回目となりました。

今回のトワイライトセミナーは、2017年3月2日(木)に本学医学部感染症学講座 小林富美惠教授が「北東北女性研究者 研究・交流フェア」で講演をしたことをきっかけに、弘前大学とのご縁ができたことにより実現しました。

当日は、弘前大学大学院医学研究科 附属高度先端医学研究センター 糖鎖工学講座の柿崎 育子准教授をお迎えし、杏林大学三鷹キャンパスで開催しました(井の頭キャンパスともTV会議システムで中継)。三鷹キャンパス9名、井の頭キャンパス3名、計12名が参加しました。

柿崎育子先生には、研究者になるまでの道のり、糖鎖工学に関するご自身の研究について、研究を実践に結びつける活動、これまでのキャリアを形成するにあたり出会った多くの方々との関係、女性が研究を続けることの大変さ、そして喜びなどについてお話していただきました。また、当日は学生も参加していたことから、次世代を担う研究者へのメッセージもいただきました。

参加者からは、「研究に真摯に向き合うこと、仲間との固い信頼関係などに胸が熱くなった。」「困難に直面しても目の前にあることに真剣に向き合うことで道が拓けるという言葉に勇気づけられた。」との感想が述べられました。

また、距離は離れていても、研究者としての姿勢、想い、そして大変さは共通しており、学内だけにとどまらず学外の研究者と交流していくことの意義を感じました。
引き続き、女性研究者が交流できる場をつくり続けていきたいと思います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP