循環器内科スタッフ紹介

教授(兼担教授)
坂田 好美(さかた このみ)

専門分野

・心臓画像診断(心エコー)
・弁膜症
・心筋症(心アミロイドーシス・ファブリー病)
・腫瘍循環器病学
・先天性心疾患

メッセージ

心臓・血管の病気にはきちんと検査をしなければ見つからない病気も多くあります。動悸・息切れ・胸痛があったり、健診で心電図異常を指摘された時は、重篤な心臓病があることがあり、早期の診断が必要です。
心エコー検査は外来で簡単にできる検査で、心筋症、弁膜症、肺高血圧症、心筋梗塞など様々な心臓病の診断が侵襲なくでき、適切な治療を選択できます。早期診断、早期治療が重要な心臓病ですので、何か気になる症状などある場合は、検査・相談に来院してください。
近年、治療薬が開発され治療が可能となった心アミロイドーシスやファブリー病の患者さんの診療をおこなっています。原因不明の心肥大のなかには、心アミロイドーシスやファブリー病の患者さんがいますので、来院いただければ確定診断、治療導入をおこなわせていただきます。

主な経歴

出身大学 杏林大学医学部 昭和59年卒業

取得資格

日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医・指導医
日本心エコー図学会認定心エコー図専門医
SHD心エコー図認定医
OSCE認定評価者
トランスサイレチン型心アミロイドーシスに対するビンダケル導入認定医

所属学会

日本内科学会(関東地方会常任幹事)
日本循環器学会(関東甲信越支部評議員)
日本超音波医学会(代議員)
日本心エコー図学会(代議員)
日本心臓病学会(FJCC会員)
東京心エコー研究会(世話人)
心筋会(世話人)
負荷心エコー研究会(世話人)