病院概要

トップページ > 病院概要 > 病院概要

病院概要

当院は高度医療の提供・技術開発・研修を担う特定機能病院の承認を受け、東京西部地区三多摩の中核的医療センターの役割を果たしています。1次・2次以外に3次救急医療を有機的にカバーする高度救命救急センター、並びに総合周産期母子医療センターは24時間体制で運営しています。大学病院として臨床医学の教育・研究の場であると共に、地域医療機関との緊密な連携のもとに高度医療を実践しています。

許可病床数

1,153床

外来患者数

1日平均  2,311人(平成24年度 統計)(救命センターを含む)

入院患者数

1日平均  831人 (平成24年度 統計)

医療関係職員(平成25年4月1日現在)

医師

311人

放射線技師

58人

看護師・准看護師

1,360人

薬剤師

52人

助産師

95人

臨床工学技士

25人

臨床検査技師

90人

理学療法士

18人

視能訓練士

17人

作業療法士

7人

言語聴覚士

5人

栄養士

11人

歴史

1954年(昭和29年) 1月 母体となる三鷹新川病院を開院
1970年(昭和45年) 4月 杏林大学医学部を開設
8月 医学部付属病院を開院
1979年(昭和54年) 10月 救命救急センターを設置。
1993年(平成 5年) 5月 旧救命救急センターを処分し、新たに救命救急センター棟を開設
1994年(平成 6年) 4月 特定機能病院の承認
12月 救命救急センターが厚生省から高度救命救急センターに認定
1995年(平成 7年) 11月 エイズ診療協力病院に認定
1997年(平成 9年) 10月 総合周産期母子医療センターを開設
1999年(平成11年) 1月 新たに外来棟を開設
2000年(平成12年) 12月 新1病棟を開設
2001年(平成13年) 1月 新たに放射線治療・核医学棟を開設
2004年(平成16年) 3月 日本医療機能評価機構を受審し認定
2005年(平成17年) 5月 中央病棟を開設
6月 外来化学療法室を開設
2006年(平成18年) 5月 1、2次救急初期診療チーム・脳卒中治療専任チーム発足
11月 もの忘れセンター開設
2007年(平成19年) 8月 新外科病棟を開設
2008年(平成20年) 2月 がん診療連携拠点病院に認定
4月 がんセンター開設
2009年(平成21年) 2月 日本医療機能評価機構を受審し認定
2012年(平成24年) 10月 新第3病棟を開設
2013年(平成25年) 8月 第2病棟中央通りが開通

杏林の由来

その昔、中国の廬山に董奉(とうほう)という名医がいましたが、患者さんからは金銭を受け取らず代わりに杏(あんず)の苗を植えさせました。そして後に、10万余本の杏の木が鬱然たる林をなしたという故事から、後世、良医のことを杏林と呼ぶようになりました。 杏林大学の名は、この故事に因んでいます。

組織図

組織図をご覧になられる方は下記よりPDFファイルをご覧下さい。

杏林大学杏林大学 学部・大学院杏林大学・看護専門学校三鷹キャンパス八王子キャンパス求人情報学内専用サイト